海外旅行や出張の時のデータ通信、どう確保する?

長期休暇に向けて海外旅行を計画されている方も多いでしょう。

今回は、渡航先でも気兼ねなくデータ通信できるポケットWiFiのレンタルサービスとその利用方法についてご紹介いたします。

特に手続きしないと「パケ死」することも!?

海外でも、インスタグラムやLINEなど、スマートフォンを使う機会は多いでしょう。
写真をアップロードするSNSはそれなりにデータ通信量を消費します。

その際、「携帯電話会社のパケット定額プランに入っているから問題ない」と、何の事前手続きもせずに手持ちのスマートフォンをそのまま渡航先で使う方もいます。
また、「海外で使える無料WiFiスポットを探してそこだけで使うから大丈夫」と思っている人もいるでしょう。

結論を言うと、こう考えている方は帰国後に届く膨大な請求額に卒倒することになります。
いわゆるパケ死状態です。

スマートフォンの場合、国内のデータ定額プランは海外での利用には適用されません。
また、特にアプリを使用していない状態の時でも常時バックグラウンドでデータ通信が発生しています。

従って、海外でスマートフォンを使うと割高なパケット通信料が発生し、数十万円という高額な請求書が届くかのせいもあるのです。

このようなパケ死を防ぐ最も有効な方法は、海外で使えるポケットWiFiをレンタルすること。

スマートフォンをレンタルしたポケットWiFi経由で利用することにより、安心してSNSなどのコンテンツを楽しむことができるようになるのです

空港カウンターで海外で使えるポケットWiFiをレンタル!

では、海外で使えるポケットWiFiのレンタル方法について解説します。

最もシンプルかつ簡単なレンタル方法は、出国前に空港のポケットWiFiカウンターでレンタルして海外へ持ち出すこと。
成田空港や羽田空港を始め、国際線が就航しているほとんどの空港の出発ロビーに海外で使えるポケットWiFiのレンタル専用カウンターが設置されています。

中でも代表的なのがイモトのWiFiグローバルWiFiの2社。

両社ともパケット定額制(上限あり)料金プランを採用しており、上限の超えない範囲で安心してデータ通信を行うことができます。

また一部の国ではデータ無制限プランを利用することもできるようになっています。

どちらの会社も事前にwebで予約して出発時に空港でポケットWiFiを受け取るというスタイルです。

対応している国も200以上と多く、複数の国を周遊する際のプランも用意されています。
中国などインターネットの閲覧が制限されている国などにおいても、日本国内と変わらない環境で利用することができるプランもあります。

ただし、渡航先によってはポケットWiFiの在庫がない場合もあるため、必ず事前に確認するようにしてください。

また、帰国時はレンタルカウンターに併設されている返却BOXへ入れるだけでOKです。

なお、実際のレンタルから返却までの具体的な手続き方法についてはまた別の機会に詳しくご説明します。

海外へ行く機会の多い方は「Pocket WiFi 701UC」がおすすめ

■Pocket WiFi 701UC

海外で利用できるポケットWiFiのレンタル料は渡航先によって異なりますが、やはりそれなりの負担が生じます。
頻繁に海外へ行く方の場合、その都度ポケットWiFiをレンタルしていたのではコストも手間も大変になるでしょう。

このように海外へ頻繁に行く場合や長期の滞在が見込まれる場合は、Y!mobileの「Pocket WiFi 701UC」を契約することをおすすめします。

「Pocket WiFi 701UC」は日本国内と海外の両方で使えるポケットWiFiです。
通信速度こそ下り最大72Mbpsと遅いものの、特に設定を変更することなく世界100か国で使えるため非常に利便性が高い機種です。

料金も月額3980円+90円/日とリーズナブル。

国内でも使うけど海外でも頻繁に使う、空港でのレンタルの手間やコストを節約したい、という方には現状考え得るベストな選択肢となります。

まとめ

海外へスマートフォンやタブレットを持っていく際は、パケ死しないよう設定変更を含めしっかりと対策をしておくことが大切です。

ベストな方法は空港でレンタルできるポケットWiFiを契約すると。
定額制のため安心してSNSなどのアプリを思う存分利用することができます。

メジャーな渡航先はほぼエリア対応しているため、海外旅行時はポケットWiFiレンタルサービスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。