ポケットWiFiについて深く知る

入院の際のポケットWiFiにはレンタルがおすすめな理由

事故や病気で入院した際、暇な時間をネットやゲームアプリで過ごそうと考えてる方は多いのではないでしょうか?
入院の際のネット接続にWiFi環境は必須です。

そこで今回は、入院中にWiFi通信を行う方法とおすすめポケットWiFiについてご紹介していきます。

そもそも病院でWiFi通信は使えるのか

病院は他の患者に配慮しなければならないため、通信機器の使用はNGという印象が強いです。

まずは、病院でWiFi通信が使えるかどうかご説明します。

WiFiの導入が広まっている

最近は病院内でも患者や来訪者向けにWiFiを提供するところが増えています。
そのため、入院中もWiFi通信を許可するところもあり、以前と比べて使用は緩和傾向にあります。

そもそも、病院で電波を発信する機器の使用を禁止する理由は、ペースメーカーなどの医療機器に悪影響を与えないためです。
近年の研究で、携帯電話など通信機器を使っても医療機器や人体に危害を与えるリスクは低いことが明らかになり、危険視する見方が減って整備が望まれるようになりました。

病院ごとに対応はそれぞれ異なるので、入院先への確認は必須です。

「ポケットWiFi比較ガイド」の人気記事はこちら。

入院中のWiFi接続は2通り

■イメージ

入院中にWiFi接続をするには、病院が提供するWiFiかポケットWiFiのどちらかです。

病院が提供するWiFiは無料の場合もあれば、有料のWiFiルームで通信できる場合もあります。

提供の事実を公表していない病院もあるので、使用できるかどうかや利用可能なSSID・パスワードなど、詳細の事前確認が必要です。

病室や一部の共有スペースならポケットWiFiを使っても良いと認める病院もあります。

入院先でポケットWiFiが使用可能を確認

■Speed Wi-Fi NEXT WX06

入院でポケットWiFiを持ち込む際には入院先の許可をとる事が必須です。
入院する病院に、ポケットWiFiの持ち込みを許可しているかを確認しましょう。

通信機器の持ち込みや使用を制限されている場合、ポケットWiFiを自由に使えない可能性があります。

必ず入院先に通信機器やポケットWiFiの持ち込みと使用が可能かを確認し、許可を得てください。

レンタルするなら無制限で使えるポケットWiFiがおすすめ

入院中のポケットWiFiをレンタルし持ち込むのであれば、無制限で使えるものがおすすめです。
意外に盲点になりやすい通信容量についてご紹介しましょう。

データ通信容量の上限を超えると速度制限がかかる

ポケットWiFiには、データ容量に上限がついているプランも多いです。

容量の軽いウェブサイトの閲覧やメールのやり取りぐらいなら問題なくても、アプリゲームやオンラインゲーム、高画質・長時間の動画視聴などでの用途では不便です。

容量制限を心配していては快適な入院生活を送れません。

また、入院するとやることがなく、ポケットWiFiを使いまくり、あっという間に上限を超えてしまう可能性があります。

入院中は容量制限があるプランよりも無制限プランの方が安心です。

テザリングではデータ通信容量不足になりがち

テザリング可能なスマホをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
しかし、スマホにもデータ通信量に制限があります。

低容量でテザリングをし、動画視聴などを続ければすぐに上限に到達します。

大容量プランでも、それを勝るデータ通信を行えば上限オーバーは必ずやってきます。
容量は追加で購入できますが、その分、金銭的な負担が大きくなります。

入院中はやはりテザリングよりも無制限のポケットWiFiレンタルがおすすめです。

1日のデータ通信量にも注意

月間データ容量と同時に毎日のデータ通信量にも注意が必要です。

ポケットWiFiのほとんどは、月間無制限でも一定期間に大容量の通信を行うと速度制限がかかる場合があります。
具体的には、3日間の合計で10GBを超えたら、翌日の夜間に速度制限などの仕組みとなっています。

一時的な速度制限なので一定時間・期間を超えれば解除されるので、深刻な制限ではありません。
また、制限される速度も1Mbps程度とそれほど低速ではありません。

しかし、上限オーバーすが何度も繰り返されるとやはりストレスです。

ポケットWiFiをヘビーに使う入院期間だからこそ、1日のデータ通信量に注意してください。

入院ならポケットWiFiのレンタルサービスが便利

ポケットWiFiの利用は入院の間だけで良いという方におすすめなのがレンタルサービスです。
スマホのように数年にわたって契約すると、やめる際に違約金が発生してしまいます。

ポケットWiFiのレンタルサービスには契約縛りがありません。

入院期間中に合わせてポケットWiFiを使う場合は、縛り無しのレンタルサービスが重宝します。

レンタルポケットWiFiなら「縛り無しWiFi」がおすすめ

■縛り無しWiFi

縛り無しWiFiは、月額料金3,300円(税抜)で契約期間の定めなくポケットWiFiを利用できるレンタルサービスです。
データ無制限で使えるのも魅力です。

参考:縛りなしWiFi公式サイト

しかも、端末代金が必要ないため月額料金以外の支払いもありません。

また、その名の通り、契約期間の縛りがない為いつでも解約OKなので、解約料金を気にせず使えます。

参考:縛りなしWiFiの評判

Broad WiMAXGMOとくとくBBと言ったプロバイダの場合、3年といった契約期間の縛りがあり、3年以内に解約すると解約金が発生します。
その点、縛り無しWiFiは解約金がかかる心配もないため、安心して短期間の利用が可能です。

その他におすすめのポケットWiFiレンタルサービス

縛り無しWiFiのように、短期間で使えるポケットWiFiのレンタルサービス業者はいくつか存在します。
ここからは、契約期間の縛りがないおすすめのレンタルサービスをご紹介していきましょう。

それぞれの特徴や料金、サービスの詳細を解説していきます。

入院時に利用するポケットWiFiのレンタル業者選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

Try WiMAX

■Try WiMAX

UQ WiMAXを契約をする前に、15日間無料でお試しできるサービスがTry WiMAXです。

あくまでもお試しなのでレンタルサービスとは異なりますが、月額料金や端末代金もかからないので、出費の多い入院中には嬉しいサービスとなるでしょう。

申し込みには、クレジットカード・連絡先のメールアドレス・SMS対応電話番号かキャリアメールアドレスが必要です。
申込みフォームから必要事項を入力し、送信するだけで15日間利用できるため、入院が15日以内と決まっている場合にはおすすめです。

もちろん、入院中にサービスの良さに魅力を感じたら、入院後に本契約すると良いでしょう。

参考:モバイルルーターのレンタル制度「Try WiMAX」って何?

WiFiレンタルどっとこむ

株式会社ビジョンが提供しているポケットWiFiレンタルサービスです。
1日単位でレンタルでき、ポケットWiFiが届いた日から利用終了日までの期間が利用日数となります。

料金に関しては、レンタルするポケットWiFiの端末によって違いがありますが、WiMAX Speed WiFi NEXTシリーズであれば、1日500円(税抜)でレンタル可能です。
30泊31日であれば、7,000円(税抜)となり、1日当たり225円でポケットWiFiを利用できることになります。

国内であれば自宅以外の場所にも宅配してもらえます。
返却も宅配返却やポスト返却と複数あるので、退院後にスムーズに返却可能です。

SPACE WiFi

■SPACE WiFi

株式会社スペースエージェントが提供しているポケットWiFiレンタルサービスです。
月額料金は3,680円(税抜)で、その他の費用は掛かりません。

支払い方法がクレジットカードのみの業者が多いのですが、こちらは口座振替も可能です。

最低利用期間が1ヶ月となり、それ以降であればいつ解約しても違約金の発生なく解約できます。

■WiFiレンタル屋さん

株式会社ジェイフィールドが提供しているサービスで、1日あたり390円(税込)でポケットWiFiを利用できます。
入院先の病室だと電波が届くのか不安に感じる方もいるでしょう。

WiFiレンタル屋さんであれば、万が一電波が届かなくても1日分のレンタル料金以外を返金してくれます。
専門スタッフによる電話サポートも設けられているため、疑問があれば相談してみましょう。
また、WiFiレンタル屋さんは秋葉原に実店舗があります。
直接受け取ることも可能なのも魅力です。

クラウドWi-Fi東京

■クラウドWi-Fi東京

株式会社ニッチカンパニーが提供しているポケットWiFiレンタルサービスです。
月額料金3,380円(税抜)で端末が借りられます。

クラウドWi-Fi東京の特徴は、クラウドSIMルーター U2sを利用できる点です。
従来のポケットWiFiでは、端末にSIMカードを差し込んでネットにつなげますが、クラウドSIMルーター U2sはSIMカード不要で最新技術のクラウドSIMを利用したポケットWiFiになります。

1ヶ月間が最低レンタル期間となるため、それ以降であればいつでも無料で解約可能です。

入院時はポケットWiFiのレンタルサービスを活用しよう

今回は、入院の際におすすめのポケットWiFiのレンタルサービスについてご紹介してきました。
入院時は暇な時間が多く、ネットが使えないと非常に不便です。

入院時のみポケットWiFiを契約したい時はレンタルサービスが重宝します。

今回ご紹介した「縛り無しWiFi」やその他のレンタルサービスは、短期間でお得にネット通信が楽しめます。

関連:無制限で使えるポケットWiFiのレンタルサービスまとめ

The following two tabs change content below.
ポケットwifi比較まとめ編集部

ポケットwifi比較まとめ編集部

ポケットwifiを深く知るための情報を提供しています。

-ポケットWiFiについて深く知る

Copyright© ポケットWiFi比較ガイド , 2020 All Rights Reserved.