ポケットWiFiについて深く知る

一人暮らしのWiFiでおすすめは?安くて無制限の回線の選び方を徹底解説!

一人暮らしには快適なWiFi環境が必須です。
今回は自最適なWiFi環境の選び方を初心者の方にも分かりやすく徹底解説。
WiFi選びで後悔しないための全ポイントをまとめました。

一人暮らしのWiFi環境は3つの選択肢がある!

一人暮らしのWiFi環境を整える場合、以下の3つから検討する事になります。

  1. 固定回線によるWiFi環境
  2. ポケットWiFi
  3. 置くだけWiFi

それぞれのWiFiとの具体的な違いをみていきましょう。

1、固定回線によるWiFi環境

 

有線の回線(主に光回線)を部屋まで引きWiFiルーターで部屋じゅうをネット環境にする形です。
メリットとデメリットは以下のとおり。

固定回線のメリット

  • 回線が高速で安定している
  • 無制限で使える

固定回線のデメリット

  • 月額料金が高め(4~5000円台)
  • 設置まで時間がかかる(工事が必要・数週間)

部屋まで光回線などをひく事になるので工事が必要。その分、非常に高速な上に無制限で使えます。
月額4~5000円台というのは、月額3000円前後のポケットWiFiと比較すると月額料金が高めに見えますが光回線も十分に安いです。
一人暮らしの方でもまずは光回線によるWiFiを検討するのがおすすめ。
通信クオリティによるストレスが無くオンライン授業やテレワークも楽々こなせます。

2、ポケットWiFi


携帯性に優れているポケットWiFi。一人暮らしの場合、これで十分というケースもあります。
ポケットWiFiはWiFi電波を受信し、その電波を更にPCやタブレット、スマホなどに提供します。

ポケットWiFiのメリット

  • 月額料金が安い(月3000円台前後)
  • 持ち運びができる
  • すぐ使える(ネットで申し込んで即日発送)

ポケットWiFiのデメリット

  • 固定回線と比較するとWiFi電波が安定しない
  • 無制限で使えても完全な無制限ではない

安い一方で固定回線と比較すると電波は安定的ではありません。とはいえ日常で使うには問題はないレベル。
多くの場合、申し込んだその日に発送してもらえるため数日で使えるようになります。
電源をONにするだけでどこでもWiFi環境になるのもメリットです。

WiMAXのポケットWiFi

WiMAXのポケットWiFiなら無制限で使えますが3日間に10GBを超える大量通信を行うと翌日の夕方6時~深夜2時までの間、1Mbpsに速度を落とされます。
ヘビーユーザー向けの措置ですが、この速度制限はそれ程深刻なものではありません。

【ポケットWiFiの速度制限が深刻なものではない理由】

  1. そもそも3日で10GBを超えるのが大変
    (NETFLIXの標準画質なら3日で14時間以上視聴しないと10GBにはならない)
  2. 即時の制限ではない
    (10GBに達した時点ではなく、翌日まで制限はない。
    10GBに達した後も制限のかかる時間までは高速で大量通信が可能)
  3. 制限の時間が限られる
    (夕方6時~2時を経過すると元に戻る)
  4. 制限後の速度が1Mbpsとそれ程遅くない
    (SNS、メール、YouTubeの標準画質なら視聴可能なレベルの低速)

特に一人暮らしの場合、ポケットWiFiの安さと利便性の高さを考えるとデメリットよりもメリットの方が勝る場合は多いです。

3、置くだけWiFi

ソフトバンクエアーに代表される設置型のWiFi機器。置くだけWiFiの仕組みはポケットWiFiと同じです。
WiFi電波をキャッチし、WiFiで様々な機器と接続します。
ポケットWiFiと違う点は、電源がコンセントである事(ポケットWiFiはバッテリー)、発するWiFi電波がポケットWiFiより強力な事です。
電波が強いので置くだけWiFiから離れた場所にある端末でもWiFi接続可能になります。

置くだけWiFiのメリット

  • 月額料金が安い(月3000円台~)
  • すぐ使える(ネットで申し込んで即日発送)

置くだけWiFiのデメリット

  • 固定回線と比較するとWiFi電波が安定しない
  • 無制限で使えても完全な無制限ではない
  • 電源がコンセントなので携帯性に欠ける

置くだけWiFiは一人暮らし向けというよりは、どちらかというと家族のいる方向けです。
コンセントに差すだけでOKという手軽さがメリットですが、ポケットWiFiのように外出先では使えません。
メリットは出すWiFi電波が強いので別の部屋にいる家族でも接続できる事です。
一人暮らしの方は近くにいる友人とWiFi電波を共有するくらいでしょうから、ポケットWiFiで十分と言えます。

参考【工事無し】置くだけWiFiのおすすめこれ!実際に使って比較した結論

【一人暮らしのWiFi環境3種類の比較表】

これら3つの回線をまとめて比較すると以下の通りになります。

固定回線(光回線)ポケットWiFi置くだけWiFi
月額費用4000円台
~5000円台
2000円台
~3000円台
2000円台
~3000円台
上限の容量無制限無制限
※特例的な制限有
無制限
※特例的な制限有
使える場所部屋のみ携帯可能j部屋のみ
使えるまでの期間数週間後数日数日
工事工事費2万程度
(月額に月賦で上乗せ)
なしなし

【一人暮らしのケース別】おすすめWiFiはこれだ

一人暮らしのWiFiに何を求めるかで選ぶべき回線は異なります。
具体的なケース別に見ていきましょう。

速度、快適さ重視。テレワークやZoomを頻繁に使うなら光回線

ポケットWiFiでもテレワークは可能ですが通信の安定性を考えると光回線がベスト。
一人暮らしでZoomなどを頻繁に行うのなら光回線をまずは検討した方が良いです。
速度は高速、無制限。月額料金も4000~5000円台とそこそこ安いです。

月額料金の安さ重視。外出先でも使うならポケットWiFi一択

安さと携帯性で選ぶならポケットWiFi一択です。

WiMAXのポケットWiFi

月額料金が2000~3000円台と安く、速度もそこそこ高速です。
動画などを沢山視聴する方は、ポケットWiFiの中でもWiMAXがおすすめ。
WiMAXは無制限(例外的に3日で10GBを超えると数時間速度制限)で使える上に速度も高速。

FPSのようなオンラインゲームを沢山するなら光回線

FPSのようなオンラインゲームで遊ぶなら光回線じゃないと厳しいです。
オンラインゲームでもまったりしたものならポケットWiFiでも対応可能。
シビアなレスポンスを求めるのなら光回線です。

参考オンラインゲームにおすすめのネット回線!速度の速い光回線はこれだ

オンライン授業に使うなら光回線、ポケットWiFiでも可

オンライン授業は回線の速度が必要になります。
ポケットWiFiでも可能ですが、速度面の安定性は光回線の方が勝ります。
ベストは光回線、ベターはポケットWiFiです。

参考【オンライン授業のポケットWiFi】選んで失敗しない為の必須知識

すぐ使いたい!回線工事ができないならポケットWiFi一択

すぐ使いたい、回線工事そのものができないならポケットWiFi一択です。
ネットで申し込んで最短即日発送。届いた日から使えます。

一人暮らしのWiFi選びで迷ったら光回線

一人暮らしのWiFi回線ならまずは光回線を検討するのがおすすめです。
無制限で高速、さらに安定したWiFi環境なら光回線が鉄板。
通信環境のストレスというのは日常生活で思いのほか応えるものです。
その上でポケットWiFiという選択肢も考えてみましょう。

一人暮らしにおすすめの光回線はこの4つ!

一人暮らしの光回線の選び方としておすすめなのが、

  1. NURO光を検討
  2. NURO光がエリア外ならお使いのスマホのコラボレーション回線

という手順です。

参考NURO光公式サイト
NURO光はソニーが提供している光回線。
高速な上に圧倒的に安いのですがエリアが限られているのがネックです。
まずはNURO光を検討して、エリア外ならスマホとのコラボレーション回線を選びましょう。

コラボレーション回線とは該当の光回線で契約するとスマホ代が毎月1100円引きになるというものです。
遠方に住んでいる家族も割引も対象になります。

NURO光以外の光回線の月額料金はどこもそれ程の差がなく、コラボレーション回線による毎月の値引き(最大1100円)の方が金額として大きいのです。

【おすすめ1】NURO光

NURO光は光回線の中では最安級。通常の光回線の速度が最大1Mbpsであるのに対し、NURO光は2Mbpsと高速です。
一人暮らしの方で対応エリア内ならこの回線をまずは検討してみましょう。

NURO光対応エリア

  • 北海道:北海道全域
  • 関東:東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
  • 東海:愛知・静岡・岐阜・三重
  • 関西:大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
  • 中国:広島・岡山
  • 九州:福岡・佐賀

このようにエリアが狭いのですがエリア内なら高速で安いNURO光で間違いないです。

NURO光公式サイト

エリア外ならスマホとのコラボ回線を選びましょう。

【NURO光のプラン内容】

月額実質料金3980円
※キャッシュバックを反映
工事料金工事費実質無料
キャンペーン45000円キャッシュバック
工事費実質無料

NURO光はキャッシュバックによる実質値引きにより実質的な月額が非常に安いです。

【おすすめ2】ドコモユーザーならドコモ光


ドコモユーザーならドコモ光が最適です。月々のスマホ代から毎月最大1100円値引きになります。
中でもGMOのドコモ光はv6プラスという技術に対応したWiFiルーターを無料レンタルできるのでおすすめです。


速度が速い上にお得。更にGMOは東証一部上場企業なので信頼感も◎です。

ドコモ光 GMOとくとくBB公式サイト

【ドコモ光のプラン内容】

月額実質料金戸建て:5720円
マンション:
4400円
工事料金無料
キャンペーン20000円のキャッシュバック
dポイント2000pt
他社の解約金20000円まで負担

【おすすめ3】auユーザーならauひかり

auユーザーならauひかりがお得。毎月のスマホ代から最大1100円割引になります。
auひかりはダークファイバー回線なので通常の光回線よりも高速です。
ダークファイバーとはNTTが使っていない光回線の事。混雑していないので速度が速く、auユーザー以外の方からもauひかりは人気です。
auひかりのプロバイダはGMOインターネットが最大5万円のキャッシュバックがありおすすめです。

auひかり GMOとくとくBB公式サイト

【auひかりのプラン内容】

月額実質料金戸建て:4400円
マンション:
3190円
工事料金auひかり電話(月額550円)加入で工事費無料
auひかり電話未加入の場合
【戸建て】月額687.5円
【マンション】月額1375円
キャンペーン最大50000円キャッシュバック
1、工事費2万円負担
2、他社乗り換えの場合3万円キャッシュバック

ダークファイバーについてもっと詳しく知りたい方は以下を参考にしてください。
速度を求めるのならauユーザーでなくてもauひかりはおすすめです。

参考ダークファイバー回線とは?NURO光やauひかりが速い理由を徹底解説

【おすすめ4】ソフトバンクユーザーならソフトバンク光

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光がおすすめ。ソフトバンクのスマホ代から毎月最大1100円割引されます。
ソフトバンク光の中でも更に安くておすすめのキャンペーンは以下です。


最大37000円ものキャッシュバックがありかなりお得です。

ソフトバンク光キャンペーンサイト

【ソフトバンク光のプラン内容】

月額実質料金戸建て:4316円
マンション:
2776円
※37000円キャッシュバック適応の場合
工事料金屋外・宅内工事あり 26400円(1100円×24回)
宅内工事のみ 10,560円(440円×24回)
※他社から乗り換えの方は無料
キャンペーン37000円キャッシュバック
or
32000円キャッシュバック +高性能WiFiルーター進呈
10000円キャッシュバック(ソフトバンク公式キャンペーン)

一人暮らしにおすすめのポケットWiFiはこれ!

ポケットWiFiの様々な種類を比較した結果!

ポケットWiFiにも様々な種類があります。
中でも一人暮らしにおすすめなのがWiMAXです。

※この表は画面が小さい場合横にスクロールできます。

 月額実質(税込)使用回線上限ギガ数端末代
WiMAX
GMOとくとくBB)
3843円WiMAX
au4GLTE
無制限無料
クラウドSIM
ゼウスWiFi>)
【20GB】
2178円
【40GB】
2948円
【100GB】
3759円
ソフトバンク
au
ドコモ
20GB・40GB・100GB
無料レンタル
ワイモバイル5118円ソフトバンク無制限月額に上乗せ
ドコモ7315円 ドコモ無制限68904円
au4721円WiMAX
au4GLTE
無制限22000円
ソフトバンク5280円ソフトバンク50GB27000円

携帯キャリア、ワイモバイルのポケットWiFiは高すぎて現実的ではありません。
WiMAXにも様々なプロバイダがありますが、最安級のGMOとくとくBBなら無制限に使えて月額が実質税込3843円前後です。

クラウドSIMという方式は無制限ではありませんが安さと繋がりやすさが魅力。
クラウドSIMはソフトバンク、au、ドコモ回線の中から最適なものを選んで接続する方式です。
こちらはゼウスWiFiを代表として比較してみました。

ポケットWiFおすすめ3選

一人暮らしに最適なポケットWiFiを3つ厳選しました。
どれもおすすめです。

1、GMOとくとくBB

※キャッシュバック額は月ごとに変動

WiMAXのポケットWiFiで最安級を誇るのがGMOとくとくBB。
月額実質3843円(税込)とリーズナブルな上に高速、無制限で使えます。
オリコン顧客満足度調査でもNO.1のプロバイダです。最短即日発送。

WiMAX(GMOとくとくBB)公式サイト

様々な端末が選べるのが魅力ですが、おすすめは最速1.2GbpsのSpeed Wi-Fi NEXT W06

Speed Wi-Fi NEXT W06

これ一台あれば一人暮らしのネット回線はカバー可能です。
同時接続可能なデバイスは16台。
USB端子でデバイスと有線接続をすれば更に高速、安定します。

2、Broad WiMAX

GMOとくとくBBと安さで競っているのがBroad WiMAX。
GMOとくとくBBはキャッシュバックの手続きが必要ですが、Broad WiMAXは月額3931円とシンプルに安いのが魅力です。

Broad WiMAX公式サイト

キャッシュバックは実質的な値引きの手続きですが、Broad WiMAXにはそういった手続きがありません。
うっかり手続きを忘れてしまいそうならこちらがおすすめです。最短即日発送。

3、ゼウスWiFi

ゼウスWiFiはクラウドSIM方式。
大手キャリア回線(ソフトバンク、au、ドコモ)の中から最適なものを選んで接続します。
20GB、40GBといった低容量プランが安くライトユーザーの方におすすめです。

ゼウスWiFi公式サイト

クラウドSIMなので3日で10GBの制限はありません。
また、キャリア回線を使うので通信エリアが広く田舎でも繋がりやすいのが魅力です。

参考【ゼウスWiFiの評判】使用レポート&口コミまとめ・他社比較

一人暮らしのポケットWiFiユーザーのアンケート結果!

実際に一人暮らしでポケットWiFiを利用しているユーザーはどんなプランを契約しているか、なぜポケットWiFiを利用しているのかアンケートをとりました。

※アンケート調査期間:2021年1月25日~27日・母数50人・ランサーズにて募集

1、ユーザー属性

回答いただいた方の6割以上は会社員。
学生の方が少ないのはアンケートを募集した場所がランサーズという事が関係しているでしょう。

2、現在利用しているネット回線は?

次に、一人暮らしの方が利用しているネット回線です。

ポケットWiFiだけを利用しているユーザーが全体の72%と非常に多いです。
一人暮らしならポケットWiFiだけで十分という事でしょう。
この傾向は職種を問わず同じであり、会社員の76%、自営業だと61%の方が「ポケットWiFiだけ」という事になります。

【ポケットWiFiだけの方】
  • ネット回線を引く工事が億劫であったことと、ポケットWiFiがあれば事足りると考えたため。
  • 自分1人しか使わないから。
  • 経済的に複数のネット回線を使えない
  • 家にいるよりも外でパソコンを使う場面が多い
  • 一人暮らしのマンションで光回線の工事をすることができない
【ポケットWiFiと光回線併用の方】
  • 以前はポケットWiFiのみだったが、通信が不安定な時もあり光回線を契約
  • 動画をよく見るので安定した回線を使っている
  • 光回線がメインだが楽天がポケットWiFiを実質無料で契約できるのでとりあえず予備として持っている。
【ポケットWiFiと置くだけWiFi併用の方】
  • 友人にソフトバンクAirを勧められた
  • ネットを使うことが多く、ポケットWiFiだけだとバッテリーがもたない。
    家では光回線を使いたいが工事ができなかったため。

3、 現在契約しているポケットWiFiは?

アンケートの結果によると、一人暮らしの方が契約してるポケットWiFiは、WiMAX(プロバイダ含む)が多く、次いでワイモバイルです。

その他には、楽天モバイルやMugen WiFi、どこよりもWiFiなどのサービスの名前が挙がっていました。

参考どこよりもWiFiの評判の真実!

4、一人暮らしの方はなぜポケットWiFiを選んだか?

一人暮らしの方はポケットWiFiのどんなポイントに魅力を感じたのでしょうか?
ポケットWiFiユーザー声で目立ったものをピックアップしました。

  • どこでも使える。
    引っ越してもすぐにネットが使える。
  • 工事不要で届いた即日から使える。
    引っ越ししたばかりでも便利。
  • ポケットWiFiは引越してもいちいち工事をしなくてもよい。
  • ポケットWiFiは安いから。もっと他のこと(趣味など)にお金を使いたい。

一人暮らしの場合は住環境が大きく影響しています。
気軽に引っ越しができる一人暮らしは、工事不要で使えるポケットWiFiの利便性が高いのです。

ちなみに固定光回線は引っ越し時の手続きが面倒なだけでなく、工事待ちの時間、工事費用が発生します。

5、ポケットWiFiを選ぶ際に何を重視したか?

一人暮らしの方はポケットWiFiを選ぶ条件として何を重視したのでしょうか。
こちらは複数回答可としました。

ポケットWiFiを選ぶ時、何を重視しますか?(n=50)
通信速度が速いこと33
データ無制限であること31
利用料金の月額が安いこと25
通信エリアが広いこと22
自宅が通信エリアの範囲内であること20
信頼できる大手キャリアの通信サービスであること6
勤務先が通信エリアの範囲内であること5
契約期間の縛りが無いこと3
クレジットカード以外の支払い方法があること0
5G対応であること0

やはり通信速度とデータ無制限であることは多くの方が条件として挙げています。
また、料金についても半数近くの方が重視すると回答しています。
なぜ一人暮らしのポケットWiFiにこのような点を重視するのかのコメントは以下の通りです。

  • スマホの契約をギガ数の少ないものにしているため、ポケットWiFiは通信エリアが広いことと、自宅・勤務先が範囲内であることは必要でした。
  • プライベートはもちろん、仕事でもある程度の通信量を使うのでデータ無制限じゃないと困ります
  • 上限があるとストレスになるので使い放題である事を重視。
  • 動画やゲームを自宅と会社の休憩時間に見るのでデータ無制限じゃないと無理。
  • 家が田舎のため、通信エリアに入っているかを重視します。
  • 学生という身分である以上通信費にそこまで払えない

一人暮らしでポケットWiFiを使うメリット・デメリット

最後に、一人暮らしでポケットWiFiを契約するメリットやデメリットを自由にコメントしてもらいました。

  • 通信エリア内のはずなのに、接続できない場所もあるので注意しなくてはならない
  • 一定期間は安い特定期間を過ぎると月額料金が高くなる契約もあるので注意
  • 友人の家に持っていって一緒にゲームができる。
  • 外出先で無料WiFiを使わなくていいのでセキュリティ面で安心
  • ネット環境に気を使わずに引越しできる
  • スマホもパソコンもプレステも全部繋げられる。

一人暮らしのネット環境の最大の懸念事項は「引っ越し」

一人暮らしでポケットWiFiを使っている方へのアンケートで見えてくるのは引っ越しの機会が多く、都度ネット回線を契約・工事する手間を省きたいと考えていることです。

ポケットWiFiは工事不要、契約したら即ネットを利用できる手軽さがメリット。
この手軽さは一人暮らしにマッチしていると言えます。

工事費や移転費などの余計なコストもかからず、好きな場所でネットにつなげることができるというメリットは、今後増えてくるであろうワーケーションやアドレスホッパーといった新しい時代の働き方にもマッチするのではないでしょうか。

一人暮らしにおすすめのポケットWiFiまとめ

一人暮らしはポケットWiFiで十分カバーできます。
基本的に一人で使うため、回線が混雑せず速度も遅くなりません。

当サイトのイチオシはWiMAXのポケットWiFi
基本的に無制限で使えて3000円台と低料金です。

ただし反応速度がシビアに求められるオンラインゲームなどをヘビーにやるなら光回線の方が良いでしょう。

参考オンラインゲームにおすすめのネット回線!速度の速い光回線はこれだ

ポケットWiFiよりやや高めですが、光回線の方が速度は安定して出ます。
ごく普通の用途(オンライン授業、動画視聴など)なら一台のポケットWiFiで一人暮らしのネット回線を十分にまかなえます。

あわせて読みたい
2021【ポケットWiFi】11社一括比較表&おすすめ一覧(ケース別)

ポケットWiFをエリア・料金・容量・通信速度の重要4ポイントで総合比較! ポケットWiFiは現在50社以上がひしめき、月額料金も、通信容量も多種多様です。 そこでこのページでは、4つの重要点を徹底比較 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・ゆういち

元ビジネス書出版社のWEB担当。ガジェット&回線マニアで実際に契約して検証がモットー。 検証のためにWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。 ネット回線・スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信するライター。

-ポケットWiFiについて深く知る

© 2021 ネット回線の学校