無料で利用できる街中のwifiは便利だが・・・

近年、無料wifiや公衆無線LANと呼ばれるような、街中でも無料で手軽にインターネット接続ができる環境が各地で整備されています。

参考:ポケットwifiなんていらん派に。無料wifiスポットはこんなにある!

ネットコンテンツの進化やインバウンド対応といった側面もこれを後押しし、モバイルルーターを持っていないユーザーでも飛行機や新幹線など移動中に常時接続を行うことが可能になりつつあります。

同様にカフェやレストランでも来客用に無料でwifiを提供する施設が増えてきました。大手コーヒーチェーンにはこの無料wifi環境を求めて多くのノマドワーカーや学生が集まっています。

さて、これだけ便利な無料wifiですが、モバイルルーターと比べてセキュリティ的に不安があると考えるユーザーが多いのも事実です。

さまざまなメディアでも無料wifiのセキュリティ脆弱性が指摘されており、先日行ったユーザーアンケートでも「セキュリティに不安のある無料wifiはできるだけ使わずにモバイルルーターを使う」という方もいるほどです。

無料wifiのセキュリティが不安?

そもそも、無料wifi(公衆無線LAN)やカフェなどの施設wifiはどの程度セキュリティが甘いのでしょうか。
個人情報の観点から言うと、以下のような使い方であればさほどセキュリティ面を気にすることも無いというのが現状です。

  • ブラウザでhttpsサイトを表示させる
  • youtubeなどログイン不要で見ることができる動画サイトを表示させる
  • 会員登録不要のニュースアプリ(smart newsなど)を閲覧する
  • 地図アプリを表示させ行先を確認する

この程度の利用であれば無料wifiでも大丈夫でしょう。
通信内容に個人情報は含まれないため、セキュリティを気にすることなくコンテンツを楽しめます。

しかし、これ以外の場合はセキュリティ面での注意が必要です。
具体的には以下のようなコンテンツ利用の場合は無料wifi接続時は止めておいた方がよいです。

  • オンラインバンキングやネット通販など「お金」が絡むサイト(アプリ)へのアクセス
  • 電子メールの送受信
  • httpsで保護されていないサイトの閲覧
  • 会員向け動画サイトなどの登録やログインを必要とするサイトへのアクセス
  • SNSの利用
  • クラウドストレージへのアクセス

このように、何かしらの個人情報を含むネットアクセスは行わないほうが良いと言われています。

特にオンラインバンキングなどは絶対にアクセスしないほうが良いです。
スマートフォンのアプリなどは立ち上げたら自動でログインするように設定されているものもありますので注意してください。

なぜ無料wifiが危険なのか?

無料wifiがなぜセキュリティ的に「危ない」と言われているのでしょう。
それは、ユーザーのデバイスと無料wifiアクセスポイントとの間の通信が第三者に読み取られている可能性があるからだとされています。

また、ユーザーが利用しているパソコンの内部データが読み取られる点も指摘されています。

事実、デバイス~アクセスポイント間の通信がきちんと暗号化されていない無料wifiは数多く存在しますし、パソコンの共有設定次第では同じアクセスポイントを利用している他のユーザーからいろいろなデータが丸見えになることもあります。

パソコンのセキュリティ設定を見直したりVPNソフトを利用したりすることである程度防衛することは可能ですが、それでも万全ではありません。

悪意を持った人間が無防備なユーザーのデータを盗み見て、ユーザーの利用しているサイトに勝手にログインしたりデータを悪用したりすることはそれほど難しいことではありません。

よく話題になる「twitterが乗っ取られた」「貴重なゲームアイテムが消えていた」「銀行の残高がいつのまにか減っていた」などの被害はこれらセキュリティ的に脆弱な無料wifi経由でアクセスしたことが原因であることが少なくないのです。

個人情報を守るためにもモバイルルーターを活用しよう

これら思わぬ被害から身を守るためには、モバイルルーターを通してデータ通信を行うのがベストです。

前述の通り、個人情報が漏えいする原因はデバイスとアクセスポイント間の通信にあります。
そこがセキュリティ的な弱点なのです。

モバイルルーターの場合、アクセスポイントとなるモバイルルーターを利用しているのはユーザーである自分自身だけなので、モバイルルーターのSSIDとパスワードを教えない限り他の誰もそのモバイルルーターを使うことはできません。

また、モバイルルーターと利用デバイスとをUSB接続する、つまり有線LANにしてしまうことでより強固なセキュリティが実現します。
外出先でインターネットバンキングやネット通販などを行う際にはこの方法がセキュリティ的に最も無難です。

ただし、モバイルルーターもセキュリティ的な弱点はあります。
特に暗号化に関してはモバイルルーター側の設定をユーザー自身が意識して行う必要があります。

具体的には、暗号化通信設定を「WPA(TKIP)」もしくは「WPA2(AES)」にしておくことが大事。

古いモバイルルーターなどは旧式のWEPにしか対応していない場合があるので注意してください。
また、SSIDやパスワードを軽い気持ちで他人に教えないようにしておきましょう。

仮に教えてしまった場合、後日パスワードを変更するなどのセキュリティ対策を怠らないようにしましょう。

まとめ

モバイルルーターを通してデータ通信することで、外出先でのネット使用に「安心感」が生まれます。

無料wifiは便利であり手軽に利用できる反面、セキュリティ的には不安が付きまといます。特に重要な個人情報を含む通信は避けておいた方がよいでしょう。

その点、モバイルルーターであればより安心してネットコンテンツを楽しむことができます。
外出先でのネット利用が多い方は、”安心して利用できる”モバイルルーターを契約しておいた方が良いでしょう。

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。