ポケットWiFiについて深く知る

クレードルって何?ポケットWiFiに本当に必要?用途とメリットを徹底解説

ポケットWiFiを契約するとき、クレードルを購入すべきでしょうか?
クレードルには様々な機能、メリットがあるのですが必要な方と必要じゃない方がいます。

最後まで読めばあなたにクレードルが必要かどうかが分かります!

クレードルには3つの機能がある!

クレードルの機能は機種によって違いますが以下のような機能があります。

1、PC等のデバイスとの有線LAN接続

ほとんどのクレードルにはLANポートがあります。
クレードルがあるとデバイスとの有線LAN接続が可能になります。

Speed Wi-Fi NEXT W05

現在のポケットWiFiの最新機種は有線でUSB接続できるのがほとんどです。

Speed Wi-Fi NEXT W06の場合

デバイス側にUSB端子がなく、LANポートのみならこの機能は重宝します。
ポケットWiFiとデバイスとの間を有線接続にすると通信が安定し、より高速になります。

2、家や出張先の有線回線を無線LAN化できる

クレードルを利用することで、ポケットWiFiを無線LANルーターとして利用できます。
光回線のLANケーブルをパソコンからクレードルに差し替えることにより、ポケットWiFiを宅内無線LANルーターとして使用できます。

また、出張先のホテルで「壁のLANポートにLANケーブルを挿して使ってください」といった表示をみかけます。
こういったホテルだと当然LANポートを持つパソコン1台しか接続できません。
しかし、クレードルを使ってポケットWiFiを無線LANルーター化すると、パソコンもスマホもタブレットも一度にホテルのネットワークに接続することが可能となります。

3、電波の状況を良くする

電波状況を良くするアンテナが付いたクレードルもありますが、全てではありません。
WiMAXのポケットWiFi、 Speed Wi-Fi NEXT WX06のクレードルにはこのアンテナ機能があります。

Speed Wi-Fi NEXT WX06

このクレードルにより通信速度が約60%も改善するそうです。
ただこういった機能が付いたクレードルはごく一部です。

結論:クレードルが必要な方はこんなケース

以上のようにクレードルの機能はかなり限られています。

クレードルが必要なケースは以下の3つ。

  1. デバイスにUSB端子がなくLANポートしかない方
  2. 家庭用の無線LANルーターがない方
  3. 電波状況を改善したい方

1に関してはUSB端子があれば有線接続可能です。
有線接続は速度と安定性が高まるのでまだ試してない方はぜひ試してみてください。

2はポケットWiFiを無線LANルーターの代わりに使いたい方です。
こういったケースは少ないのではないでしょうか。

3は前出のSpeed Wi-Fi NEXT WX06を選ぶ場合でクレードルにアンテナ機能がついています。

逆に当てはまらない方はクレードルは不要でしょう。

多くの人にとってクレードルはあったら便利くらいの存在

以上の3つのケースに当てはまらないなら、クレードルはあったら便利程度の存在です。

クレードルがあれば充電する時にUSBをわざわざ差し込む必要がなく置くだけでOK。
更に部屋の定位置に置く事になるのでポケットWiFiの紛失を避ける事が可能です。

クレードルの数千円を節約するか数千円でちょっとした利便性をとるかはご個人の判断にお任せします。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・ゆういち

元ビジネス書出版社のWEB担当。ガジェット&回線マニアで実際に契約して検証がモットー。 検証のためにWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。 ネット回線・スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信するライター。

-ポケットWiFiについて深く知る

© 2021 ネット回線の学校