ポケットWiFiについて深く知る

ポケットWiFiの5G化はいつから?4Gとの違いを徹底解説

5Gサービスの商用化がいよいよ2020年の春にスタート。
そこで今回は5G回線のポケットWiFiに与えるインパクトについて徹底検証したいと思います。

ポケットWiFiが5Gになる具体的な時期はいつなのか?

UQWiMAXなどポケットWiFi業界各社から5Gに関する話題はまだ出ていないのが現状です。

とはいえ、そう遠くない時期にポケットWiFiも4Gから5Gに移行するはずです。
おそらく、この春以降は5G対応ポケットWiFiが次々とリリースされることになると思われます。

ただし、5G対応の基地局整備には相当の時間がかかると思われ、当面は東名阪を中心とした大消費地エリア限定でのサービスインとなるでしょう。

従って、数年の間は5Gと4Gを併用したポケットWiFiも利用されると思います。

「ポケットWiFi比較ガイド」の人気記事はこちら。

【そもそも論】5Gとは何かの簡単解説

4Gや5Gの「G」とはGeneration(世代)のGです。

つまり、4Gは第4世代、5Gは第5世代であり、この数字が大きいほど新しい世代であるということになります。

何が新しいのかですが、いわゆる「通信規格」の違いになります。

数字が大きくなればなるほど無線通信による容量や速度が向上し、データ通信クオリティが向上します。

現在主流となっているのは4G(LTE)ですが、その登場は2010年。

さかのぼって見ると約10年毎に新しい規格が登場しているということになります。

4Gと5Gは具体的に何が違うのか?

4Gは現在メインで使用されている通信規格です。

LTE-Advancedという名称が使われることもあり、ポケットWiFiやスマートフォンなど多くの機器が4Gのデータ通信を行っています。

4G登場以前は3Gや3Gを進化させた3.5Gなどが主流でした。

4Gの最大1Gbpsの通信速度のおかげで、Webサイトの閲覧だけでなく動画視聴などの大容量コンテンツを手軽に楽しめるようになりました。

一方の5Gは4Gよりもさらに優れた通信方法を実現します。
4Gと比べて「高速」「大容量」「大量接続」「低遅延」という特性を持ち、より私たちの生活を便利にする可能性を持っています。

3G、4G、5G、光回線のスピードを分かりやすく比較してみた

分かりやすく3G、4G、そして5Gのスペックを表にしてみましょう。

3G(W-CDMA) 4G(LTE-Advanced) 5G
通信速度 64~384kbps 110Mbps~約1Gbps 最大10Gbps
DVD1枚のダウンロード 27~30時間 30~40秒 3秒

(出展:総務省「第5世代移動通信システム(5G)の今と将来展望」) ※DVD1枚は4.7GBで計算

これに加えて、光回線(NURO 光の場合)は最大2Gbpsですから、DVD1のダウンロードは1分程度になるでしょう。

参考光回線で安いのはどこ?

このように5Gはこれまでの通信方式よりもスペックが大きく向上しています。
また、遅延も1ミリ秒程度(4Gは10ミリ秒)であり、リアルタイム双方向通信にも活用できます。

多数同時接続も増加し、100万台/km2の接続機器数とされています
これも4Gの10倍であり、大人数が集まる場所での通信環境がより快適になるということになります。

5Gの登場でポケットWiFiはどう変わるのか?

■4Gで最速の「Wi-Fi STATION SH-05L」

5GのポケットWiFiが登場すると大容量高速通信が可能になるので、データ通信時間が圧倒的に短縮されます。

「DVD1枚のダウンロードに30秒かかっていたのが3秒で済むようになる」ということは、それだけポケットWiFiのバッテリー負担が減るということです。

現在のポケットWiFiはその大きさのほとんどをバッテリーが占めています。従って、5Gの商用化に伴いバッテリー消費が減るため、よりコンパクトなポケットWiFiの登場も期待できます。

注意しておきたいのは、5G商用化によりこれまでの4G対応ポケットWiFiが使えなくなるということではないということ。

規格が完全に切り替わるまでは数年かかるため、現在契約している4G対応ポケットWiFiも当分の間問題なく使えます。

5Gにより私たちの生活で実現されること

ポケットWiFi以外に目を向けると、更に大きな変化が見えてきます。

上記総務省の資料によると、遠隔医療や遠隔農業、スポーツ中継の8K配信、自動運転などさまざまな例が挙げられています。

また、公共分野を中心に多くの実証実験が行われており、スマートシティ実現に向けた取り組みも各地で行われているようです。

更に私たちの日常生活レベルでもいろいろな変化が訪れるでしょう。

テレビだけでなく、スマートフォンやタブレットで4Kや8Kといった高画質の映像を手軽に楽しめるようになるでしょう。

データの遅延も解消されるため、リアルタイムでの動画チャットやオンライン対戦ゲームなどもこれまで以上に楽しめることになるはずです。

スマートスピーカーを用いた家電の制御なども、より多くの機器が対応していくことでしょう。

まとめ

5Gの商用化はポケットWiFi業界にも大きなインパクトを与えます。

大手キャリアのインフラ整備は急ピッチで進んでおり、5G環境による快適なデータ通信の実現はそう遠くない将来に実現することでしょう。
ポケットWiFi側の機器対応も順に行われていくことになります。

どのようなスペックでリリースされるのか、そして実際にどのような性能を出すのか、今から楽しみです。

参考記事。

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。

-ポケットWiFiについて深く知る

Copyright© ポケットWiFi比較ガイド , 2020 All Rights Reserved.