ポケットWiFiについて深く知る

5G対応ポケットWiFiを実際に利用!おすすめできない4つの理由とは?

5G対応ポケットWiFi「SH-52A」を入手しました。
今回はこの5G対応ポケットWiFiを実際に使用し速度を実測、更に4Gとの比較をしました。

SH-52A

結論を先に書くと「現状ではおすすめできない」というのが正直な所です。
なぜ、おすすめできないのか順を追って解説します。

三大キャリアの5G対応ポケットWiFiのスペック一覧!

当サイトで試すのはドコモの5G対応ポケットWiFi「Wi-Fi STATION SH-52A」です。

Wi-Fi STATION SH-52A

auからは「Speed Wi-Fi 5G X01」、ソフトバンクからは「Pocket WiFi 5G A004ZT」と3つのキャリアから5G対応ポケットWiFiが出揃いました。

【5G対応ポケットWiFiのスペック比較表】

※この表は画面が小さい時横にスクロール可能です。

 Wi-Fi STATION SH-52A
Speed Wi-Fi 5G X01
Pocket WiFi 5G A004ZT
サイズ・重さ84×157×16mm
268g
84×157×16mm
265g
73×133×18.6mm
225g
最大通信速度(下り)5G:4.2Gbps
4G:1.7Gbps
5G:4.1Gbps
4G:1Gbps
5G:3Gbps
4G:838Mbps
最大通信速度(上り)5G:480Mbps
4G:131.3Mbps
5G:481Mbps
4G:112.5Mbps
5G:298Mbps
4G:46Mbps
同時接続台数18台16台30台
バッテリー容量 4,000mAh 4,000mAh4100mAh

サイズ重さについてはドコモ、auがほぼ同じです。
同じシャープ製で見た目も酷似しています。

参考【auの5G対応ポケットWiFi】Speed Wi-Fi 5G X01を徹底解析

ソフトバンクの5G対応ポケットWiFiはZTE製で少しコンパクト。

特筆すべきはやはり5Gだからこそ出せる速度でしょう。
3Gbps~4Gbps超えと非常に高速です。
光回線ですら1Gbps程度ですから、その3~4倍に当たります。

docomoの最新4GポケットWiFi「Wi-Fi STATION SH-05L」は最高速度988Mbpsなので同社製の5G対応ポケットWiFiは4倍以上の差をつけています。

Wi-Fi STATION SH-05L

しかし、残念ながら次の理由で5G対応ポケットWiFiはおすすめできません。

5G対応ポケットWiFiをおすすめできない致命的な4つの理由

1、5Gに対応した通信エリアが非常に狭い

5Gはサービスが始まったばかりで対応している場所が非常に限定的です。
NTT docomoが発表した5G対応エリアは以下です。

5G対応エリアは、主要ターミナル駅の他にスタジアム、公園、ドコモショップなどスポット的な提供です。
ドコモ以外もエリアに関しては同様です。
5G対応エリアまだまだ狭く実用レベルとは言えません。
まだまだ4Gの時代です。

あわせて読みたい
【比較】無制限ポケットWiFiで最もおすすめなのはこれだ!【2021年版】

続きを見る

2、端末のサイズがデカすぎる

5G対応ポケットWiFi「Wi-Fi STATION SH-52A」のサイズは約84mm×約157mm×約16mmです。
ピンと来ない方の為にサイズが似ているものと並べてみました。

あのアーモンドチョコの箱と同じくらい。
小さなポケットWiFiに入るサイズではありませんから、ポケットWiFiという名前を使えないと思います。
現在の主流ポケットWiFiのサイズとの比較です。

大きさ重さ通信方式
【ドコモ】
Wi-Fi STATION SH-52A84mm×157mm×16mm268g5G、4G(ドコモ)
Wi-Fi STATION SH-05L72mm×108mm×15mm150g4G(ドコモ)
WiMAX
Speed Wi-Fi NEXT W0664×128×11.9mm125gWiMAX
クラウドSIM
U2s65.7x127x14.2mm151gクラウドSIM
(ソフトバンク、au、ドコモ)

WiMAXのポケットWiFiの重さの約2倍。
持ち運ぶのにストレスがたまります。

参考持ち運びWiFiルーター徹底比較|おすすめの安い無制限WiFiはこれだ!

3、ポケットWiFi端末が高額すぎる

ドコモの5G対応ポケットWiFi「SH-52A」の価格は一括購入で68,904円。
auの5G対応ポケットWiFiは、71,500円、ソフトバンクは69,840円と横並びに高額です。

ちなみに4GのポケットWiFiは無料が主流なのでこの値段は高すぎてあり得ないレベルです。
人気のWiMAXは端末無料、クラウドSIMは無料レンタル。
ドコモなど大手キャリアは強気で端末代金を取りますが、4GのWi-Fi STATION SH-05Lが27720円とさすがに3万円は切ります。

【5G対応ポケットWiFiの料金に関するSNSの反応】

4、5G対応ポケットWiFiは月額料金も高額

5G対応ポケットWiFiは、月額料金もかなり高いです。
4G及びWiMAXと比較してみましょう。

5G対応ポケットWiFiWiMAXクラウドSIM
契約先 NTTドコモGMOとくとくBBTHE WiFi
データ量無制限無制限100GB
端末代 68904円無料無料レンタル
月額料金 7315円3400円前後
※キャッシュバック適応
2900円

現在4GのポケットWiFiの主流は月額3000円前後、端末無料が主流です。
それと比較すると現実的な価格とは言えません。

あわせて読みたい
安いポケットWiFiランキング!徹底比較で分かった1番おすすめはこれだ

続きを見る

【実測】5G対応ポケットWiFiと4G、WiMAXの速度対決

おすすめできない理由を挙げましたが、5G対応ポケットWiFi最大のメリットは通信速度です。
公式スペックによると光回線の1Gbpsをはるかに超える4.1Gbps。
実際の速度を測定してみましょう。

今回、検証のために用意したモバイルルーターは3種類です。

上が5G対応ポケットWiFiのSH-52A 、左下が4G、右下がWiMAX。
それぞれのカタログ上のスペックは以下です。

【実測に使用するポケットWiFiのカタログスペック】

5G対応ポケットWiFi4G SIMフリーポケットWiFiWiMAX
機種名 Wi-Fi STATION SH-52AMobile WiFi E5577Speed Wi-Fi NEXT W05
メーカー シャープHuaweiHuawei
SIM NTTドコモOCNモバイルONEWiMAX+au
利用回線 NTTドコモの5G網NTTドコモの4G網WiMAX網+auの4GLTE網
最大下り速度 4.1Gbps150 Mbps758Mbps
最大上り速度 480Mbps50Mbps112.5Mbps
重量 268g112g131g
バッテリー容量 4000mAh3000 mAh2750 mAh

では、早速これから実測です!

1、福岡PayPayドーム

5Gの実力を測定する上で、球場はベストな場所と言えます。

【5G対応ポケットWiFiの速度】

290Mbps。
高速ですが、カタログ値は4.1Gbpsですから14分の1の速度
最も私の使用しているフレッツ光はカタログ値1Gで、実測は190Mbps。
光回線の実測スピードと同等と言えそうです。

【SIMフリーポケットWiFiの速度】

40Mbps
結構善戦しています。

【WiMAXのポケットWiFiの速度】

35Mbpsと3社の中で最も遅いです。

【結論】

5G対応ポケットWiFiが他2社の6倍以上速い速度でデータ通信ができるという結果になりました。
速度的には光回線の実測より少し速いです。

2、Fukuoka Growth Next

次はインキュベーション施設のFukuoka Growth Next

【5G対応ポケットWiFiの速度】

250Mbps
ここでも200Mbpsを軽く超える高速通信です。

【SIMフリーポケットWiFiの速度】

46Mbps
OCNモバイルONEのSIMはかなり優秀ではないでしょうか。
MVNOであるにもかかわらずこの速度です。

【WiMAXのポケットWiFiの速度】

40Mbps。
ここでもWiMAXが最も遅いという結果になりました。
もっとも遅いと言っても十分に実用域です。

【結論】

Fukuoka Growth Nextでも5Gモバイルルーターの速度が最速。
4G、WiMAXに5~6倍の差をつけて圧勝です。

実速結果を表で比較してみた

3か所でのモバイルルーターの速度を表にしたのが以下です。

5Gモバイルルーター4G SIMフリーモバイルルーターWiMAX
スポット1290Mbps40Mbps35Mbps
スポット2250Mbps46Mbps40Mbps

5GのポケットWiFiは圧倒的に速いです。
しかし、期待したほどでもないというのが正直なところです。
そうは言っても4GやWiMAXよりも速く、その差は5倍以上です。

ポイント

5Gと比較すると4Gが随分と遅いように見えます。
しかし、例えばNETFLIXを高画質で視聴するには5Mbpsあれば十分。
テレワークに良く使われるzoomに必要な速度は1.2Mbps程度です。

参考Zoom会議の通信量は?テレワークに最適なポケットWiFiの選び方!

それを考えると4G、WiMAXは十分高速です。

高速な5G対応ポケットWiFiの登場で固定回線は不要な未来へ

5G対応ポケットWiFiは実測で250Mbps~290Mbpsでした。
この速度は光回線の実測値を場合によっては超えてしまいます。
(少なくともウチの光回線より高速です)
5Gが主流になると固定回線はいずれ淘汰されてしまうかも知れません。

しかし、前述の通りまだまだ解決すべき問題が山積しているのが現状です。

  1. 対応エリアー狭すぎる
  2. 端末のサイズー大きすぎる
  3. 端末代金ー高すぎる
  4. 月額費用ー高すぎる

主にこの4点です。
これらが解決したら5G対応ポケットWiFiの時代になるでしょう。
そう遠くない未来ですが、まだまだ課題が多くしばらくは4Gの時代が続きます。

5G本格運用までの繋ぎならこの4GポケットWiFiがおすすめ!

前述の通り、5Gはエリアが非常に限定されており、実用レベルになるには少なくともあと数年かかります。
それまでは4G対応のポケットWiFiを使うのが現実的でしょう。

※キャッシュバック額は月ごとに変動

4GのポケットWiFiでもっともおすすめのはWiMAXで最安級のGMOとくとくBBです。

当サイトでイチオシしている理由は以下です。

  • 無制限
  • 低料金(税込で月額実質3700円前後)※キャッシュバック額により変動
  • 東証一部上場企業GMOインターネットが運営

 

参考GMOとくとくBB公式サイト

【どんな風に届く?】5G対応ポケットWiFiの到着から開封までを実況

段ボールに入った状態

5G対応ポケットWiFi「SH-52A」をドコモオンラインで注文。
注文日は6月2日。到着は2週間後の6月14日でした。

発送は↑のような段ボールに入った状態で送られてきます。

内容物は本体とUSBケーブル、説明書、そしてSIMカード。
本体にSIMカード専用のスロットがあり、スマホと同じく細長い金属製のピンを差し込んで開けるタイプです。

とにかく大きいというのが5G対応ポケットWiFi「SH-52A」の特徴です。
使用しているiPhone10よりも大きく厚く、形状も角ばっているため更に大きく見えます。

大きさの割に軽いのはおそらくバッテリー容量が4000mAhと他のポケットWiFi並みであるためではないかと思われます。

まとめ:5Gの時代はもう少し先

5Gの商用化はポケットWiFi業界にも大きなインパクトを与えます。
高速な通信速度は有線の光回線を過去のものにするかも知れません。

しかし、まだまだ課題が多く4Gの時代はしばらく続くでしょう。
特に対応エリアの狭さは深刻です。
現状では5G対応ポケットWiFiを手放しでおすすめできる状態にはありません。

あわせて読みたい
ポケットWiFiを徹底比較!【2021年4月】1番おすすめなのはこれだ
ポケットWiFiを徹底比較!【2021年4月】1番おすすめなのはこれだ

www.pocketwifi-hikaku.com

-ポケットWiFiについて深く知る

© 2021 ネット回線の学校