ポケットWiFiについて深く知る モバイルルーターを使いこなす!

【レビュー有】5G対応ポケットWiFiを比較した結果おすすめはこれだ

「5G対応のポケットWiFiでおすすめは?」
「4Gとの違いは何?5Gを選ぶ必要はあるの?」
「5G対応ポケットWiFiの比較結果が知りたい」

このような疑問を持っている方が増えています。4Gでも十分なのに5Gにする必要はあるのか?という方も多いです。
そこで今回は5G対応ポケットWiFiを大特集。4Gとの違いや基礎知識を簡単に説明。各社の5GポケットWiFiを比較しておすすめはどこかを決定。
入手したドコモとWiMAXの5Gモバイルルーターの実力もレビューします!

5G対応ポケットWiFiの簡単説明。4Gではダメなのか?

5G対応ポケットWiFiを4Gと比較した際の特徴は4つあります。

  1. 通信速度が高速
  2. 大容量で使える
  3. 低遅延である
  4. 多数同時接続

特に一般ユーザーにとっては1~3までの高速、大容量、低遅延が重要です。
4Gと5GのポケットWiFiの特徴を比較してみましょう。【4Gと5GのポケットWiFi比較表】

4GポケットWiFi5GポケットWiFi
通信速度150Mps~1Gbps2Gbps~4Gbps
データ容量プランによる
遅延
※目安
10ms
平均50ms
1ms
平均10ms

特に通信速度の違いが大きいのが分かります。ちなみに1Gbpsは1000Mbps。光回線の最大速度はおおよそ1Gbpsですから5G対応ポケットWiFiは数値上は光回線を軽々と超えています。
5G回線の目標値は20Gbpsと言われています。近い未来に更に高速な5G対応ポケットWiFiが出現するでしょう。

データ容量に関してはどちらにも低容量から無制限プランまで幅広く展開しています。

遅延とはレスポンスの良さの事。数値が少ないほど良い事になります。表の数値は上段が目標数値、下が実際の平均数値と考えてください(※目安)。
5Gなら平均10msまで下げられる可能性があります。
遅延は、遠隔医療や自動運転で重要になりますが、一般ユーザーならオンラインゲームで大切になる数値です。
Ping値とも呼ばれ、FPSなどのシビアなレスポンスが求められるゲームなら目安として10msはあって欲しいところ。
5GのポケットWiFiはオンラインゲームをよく遊ぶ方にもおすすめです。

多数同時接続は、一つの基地局に同時に接続できるデバイスが増えるという事。一般ユーザーならスタジアムなどで実感することがあるかも知れません。

4Gではダメなのか?

4G回線でも十分に高速なので4Gではダメなのかという疑問が残ります。
実際、今後数年は4Gでも十分に様々なコンテンツを楽しめるでしょう。動画なども4GのポケットWiFiであれば快適に楽しめます。

しかし、各社が5Gへの移行を競っているため4GのポケットWiFiを選ぶ方が難しいのが現状です。
最新のスマホが5G対応であるのと同じように最新のポケットWiFiの多くが5G対応なのです。

今は4GでもOKであっても、今後様々なコンテンツが5G対応になっていくのは間違いなく、より高速、大容量な通信回線が必要になります。
そういった大容量コンテンツを楽しむのに必要なのは5G対応ポケットWiFi。
数年後の事を考えると5G対応ポケットWiFiを選んでおいた方が間違いないと言えます。

対応エリア外でも5GポケットWiFiがおすすめ

5G対応ポケットWiFiをおすすめできない理由によくあげられるのは「対応エリアの狭さ」です。
しかし、非常に速いスピードで5G対応エリアは広がっています。
その理由は、「Sub6」という電波の種類です。

5Gには2種類の電波があります。「Sub6」と「ミリ波」です。5GポケットWiFiの重要な要素なので解説します(難しくありません)。

【5Gの2つの電波】

  • Sub6-4Gからの転用が容易。速度はミリ派より遅い
  • ミリ波-超高速だが普及に時間がかかる

4Gから転用が容易なSub6の5G対応エリアが急拡大しているのです。おおよその所だとSub6は最大2Gbps、ミリ波は最大4Gbpsと通信速度に違いはありますが、Sub6でも十分に高速。4Gから5Gへの転用が急ピッチで行われているため現在5Gの対応エリア外であっても数年後にエリア内になる可能性が高いのです。
ちなみにミリ波の5Gはスタジアムや大きな駅などで利用できるだけで普及はまだまだ先です。

当サイトでは以下の理由から5G対応ポケットWiFiをおすすめします。

  1. 最新ポケットWiFiのほとんどが5G対応
  2. 5G対応エリアが急拡大している

5G対応ポケットWiFiならWiMAXがおすすめな理由

現在、5G対応ポケットWiFiを様々な会社が出しています。
結論からいうと、WiMAX以外の5GポケットWiFiはおすすめしません。

【ドコモの5G対応ポケットWiFi】

ドコモからも5GポケットWiFiが出ています。

Wi-Fi STATION SH-52A

しかし、月額料金と端末代が高すぎて現実的とは言えません。

端末代月額料金
Wi-Fi STATION SH-52B 35,640円
990円×36回
【5Gギガホプレミア】
7,315円(無制限)
【5Gデータプラス】
1,100円(30GB)
Wi-Fi STATION SH-52A68,904円

5Gギガホプレミアは無制限ですが、各種割引き(家族割や光回線とのセット割)がないと7000円台と高額。
更に端末代の月賦が載るので月額は8000円台を超える事もあります。
後述しますがauグループのWiMAXの5GポケットWiFiなら端末代コミで月3000円台~4000円台なので高すぎます。

5Gデータプラスは5Gギガホプレミアを契約している方で二台目にデータ端末を利用するためのプランです。
1,100円と安いのですが、5Gギガホプレミアを契約しているのが前提な上に30GBまでしか使えません。

【ソフトバンクの5G対応ポケットWiFi】

ソフトバンクは、グループ会社のワイモバイルと同じ回線を使います。

Pocket WiFi 5G A101ZT

端末代月額料金
Pocket WiFi 5G A101ZT28,800円
800円×36回
【データ通信専用50GBプラン】
5,280円
【データシェアプラン】
1,078円
Pocket WiFi 5G A004ZT66,240円
1,840円× 36回

データ通信専用プランは50GB上限で無制限では使えません。WiMAXは無制限で使えるので魅力に欠けます。
データシェアプランは月1078円でソフトバンクスマホのプランとデータをシェアできます。
ソフトバンクの無制限プランは「メリハリ無制限」。メリハリ無制限のデータを5GポケットWiFiでシェアする上限は30GBと決まっています。
メリハリ無制限は月額7238円です。
いずれも高額で5GポケットWiFiとしておすすめはできません。

【ワイモバイルの5G対応ポケットWiFi】

ワイモバイルの5GポケットWiFiの回線はソフトバンクと同じです。

Pocket WiFi 5G A102ZT

端末代月額料金
Pocket WiFi 5G A102ZT28,800円
割引額-18,000円
300円×36回
【Pocket WiFiプラン2】上限なし
4,818円
【データシェアプラン】7GB
4,065.6円

端末代が割引になり月々の月賦は300円。使い放題プランも月4,818円とそこそこ安いです。
しかし後述するWiMAXほど安くなく、更にワイモバイルの場合使い放題のエリアの狭いのがネックです。

ワイモバイルはエリア自体は広いのですが、無制限で使えるエリアは狭くWiMAXに劣るのです。

【auの5G対応ポケットWiFi】


auの5GポケットWiFiはグループ会社のUQ WiMAXと基本的には同じ。
月額料金が異なるだけです。

Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01

端末代月額料金
Speed Wi-Fi 5G X1122,000円
615円+611円/月×35回
【 モバイルルータープラン 5G】
4,721円(データ上限なし)
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

ドコモやソフトバンクよりかなり安いのが分かります。
auの5GポケットWiFiはau5GLET、au4GLTE、WiMAXと3つの回線が使えて無制限で使えるエリアも広いのが特徴です。
しかし、auよりもグループ会社のUQの方が更に安いのでおすすめはしません。

【UQ WiMAXの5G対応ポケットWiFi】

UQはauのグループ会社で格安ブランドです。

UQ WiMAXはWiMAX回線、au5GLTEとau4GLTEが無制限です。
無制限のエリアが広いのが魅力です。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

端末代月額料金
Speed Wi-Fi 5G X1121,780円
605円/月×36回
【データ容量上限なし】
4,268円
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

auが4,721円+端末代月賦(初月615円+611円/月×35回)なのでUQ WiMAXが安い事が分かります。
ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、auと見てきましたが、5Gの無制限ポケットWiFiならUQ WiMAXが最もリーズナブルです。

更にUQ WiMAXには様々なプロバイダがあり、値引き競争をしており本体のUQ WiMAXよりも安いのが実情です。

【UQ WiMAXの主要プロバイダ比較表】

 端末代月額実質契約年数
GMOとくとくBB-WiMAX
無料3872円3年
カシモWiMAX
無料4370円3年
BIGLOBE WiMAX
月賦
※月額に上乗せ済
4874円1年
UQ WiMAX月賦
※月額に上乗せ済
4873円2年

※このテーブルは画面が狭い場合、横にスクロールできます

GMOとくとくBBのWiMAXが圧倒的に安いのが分かります。

GMOとくとくBBは多額のキャッシュバックによる実質値引きがあるのが特徴。月額の実質が3872円と格安でおすすめです。

WiMAX-GMOとくとくBB公式サイト

5GポケットWiFi端末も無料でこの月額なので大人気になっています。

結論をいえば、5G対応ポケットWiFiでもっともおすすめなのはGMOとくとBB。
他の5G対応ポケットWiFiよりもWiMAXは低料金で人気ですが、GMOとくとBBはその中でも更に安くリーズナブルです。

【実測】5G対応ポケットWiFiの実際の速度を比較!

ここからは5G対応ポケットWiFiを使って通信速度を実測してみます。
一つは当サイト保有のGalaxy 5G Mobile Wi-Fi

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

WiMAX、au5GLTE、au4GLTE対応で最速2.2Gbps(2200Mbps)。端末価格は21780円ですが実質無料のプロバイダが多いため、5G対応ポケットWiFiとして最も現実的な選択肢です。

もう一つは当サイトのライター「こーいち」さん保有のWi-Fi STATION SH-52A

Wi-Fi STATION SH-52A

こちらはドコモ5G、4G対応で最速4.1Gbps(4100Mbps)と爆速。同じ5GでもWiMAXのGalaxy 5G Mobile Wi-Fiの約二倍の速度です。
しかし、このポケットWiFiには問題が二つあります。
一つは、端末代が68904円と高すぎる事。もう一つはサイズが大きすぎる事です。

アーモンドチョコのパッケージの大きさとほぼ同じで携帯性に欠けます。
ちなみに、WiMAXの「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」はスマホとほぼ同じサイズですから携帯性に優れています。
「Wi-Fi STATION SH-52A」の方は5G対応ポケットWiFiの試作機のような印象で、価格、サイズともに現実的な選択肢とは言い難いです。

これからこの2つをレビューしますが、まずは現実的なGalaxy 5G Mobile Wi-Fiの方からです。

WiMAXの5GポケットWiFiの実際の速度は?

WiMAXの5G対応端末で注目を浴びるGalaxy 5G Mobile Wi-Fiの5Gモードでの実測しました。
平日の午後2時台に測定。

46Mbps。4Gなら高速という事になるのですが、5Gにしては見劣りがする数字。
様々なコンテンツにどれだけの速度が必要かの目安は以下の通りです。

必要な速度
Zoom10Mbps
NETFLIXHD(1080p)画質:5Mbps
SD(480p)画質:3Mbps
HuluPC・テレビ・ゲーム機等 6Mbps
スマホ・タブレット3Mbps
YouTubeHD(1080p)画質:5Mbps
SD(480p)画質:1.1Mbps

Zoomに関しては公式は1.5Mbpsあればいいとしていますが、現実には10Mbpsはあった方がいいと言われています。
Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの5Gでの実測は46Mbpsですからどれも余裕でクリアしています。
余裕すぎて、これ以上速度を出して何をするのかという疑問もあります。オンラインゲームのFPSゲームならこの速度でもギリギリな感じかも知れません。
普段使いにはまず問題ないでしょう。
WiMAXは安くて無制限なので5G対応ポケットWiFiでは最も現実的な選択肢です。

WiMAX-GMOとくとくBB公式サイト

ドコモの5GポケットWiFiと他社4Gの速度比較

ここからはドコモの5G対応ポケットWiFiの実測です。

上が5G対応ポケットWiFiのSH-52A 、左下が4G、右下がWiMAX。
それぞれのカタログ上のスペックは以下です。

【実測に使用するポケットWiFiのカタログスペック】

5G対応ポケットWiFi4G SIMフリーポケットWiFiWiMAX
機種名 Wi-Fi STATION SH-52AMobile WiFi E5577Speed Wi-Fi NEXT W05
メーカー シャープHuaweiHuawei
SIM NTTドコモOCNモバイルONEWiMAX+au
利用回線 NTTドコモの5G網NTTドコモの4G網WiMAX網+auの4GLTE網
最大下り速度 4.1Gbps150 Mbps758Mbps
最大上り速度 480Mbps50Mbps112.5Mbps
重量 268g112g131g
バッテリー容量 4000mAh3000 mAh2750 mAh

では、早速これから実測です!

1、福岡PayPayドーム

5Gの実力を測定する上で、球場はベストな場所と言えます。

【5G対応ポケットWiFiの速度】

290Mbps。
高速ですが、カタログ値は4.1Gbpsですから14分の1の速度
最も私の使用しているフレッツ光はカタログ値1Gで、実測は190Mbps。
光回線の実測スピードと同等と言えそうです。

【SIMフリーポケットWiFiの速度】

40Mbps
結構善戦しています。

【WiMAXのポケットWiFiの速度】

35Mbpsと3社の中で最も遅いです。

【結論】

5G対応ポケットWiFiが他2社の6倍以上速い速度でデータ通信ができるという結果になりました。
速度的には光回線の実測より少し速いです。

2、Fukuoka Growth Next

次はインキュベーション施設のFukuoka Growth Next

【5G対応ポケットWiFiの速度】

250Mbps
ここでも200Mbpsを軽く超える高速通信です。

【SIMフリーポケットWiFiの速度】

46Mbps
OCNモバイルONEのSIMはかなり優秀ではないでしょうか。
MVNOであるにもかかわらずこの速度です。

【WiMAXのポケットWiFiの速度】

40Mbps。
ここでもWiMAXが最も遅いという結果になりました。
もっとも遅いと言っても十分に実用域です。

【結論】

Fukuoka Growth Nextでも5Gモバイルルーターの速度が最速。
4G、WiMAXに5~6倍の差をつけて圧勝です。

参考【WiMAXの5Gプラン】速度、料金を比較した結果おすすめなのはここだ

実速結果を表で比較してみた

3か所でのモバイルルーターの速度を表にしたのが以下です。

5Gモバイルルーター4G SIMフリーモバイルルーターWiMAX
スポット1290Mbps40Mbps35Mbps
スポット2250Mbps46Mbps40Mbps

5GのポケットWiFiは圧倒的に速いです。
しかし、期待したほどでもないというのが正直なところです。
そうは言っても4GやWiMAXよりも速く、その差は5倍以上です。

ドコモとWiMAXの実測の違いは5Gの種類の違い

WiMAXの5G対応ポケットWiFiの実測が46Mbpsであったのに対し、ドコモは290Mbpsをはじき出しました。
ドコモの方が高速!となりそうですが、速度の違いは5Gの種類によるものです。

WiMAXの実測でとらえた5G電波はSub6
ドコモの実測でとらえた5G電波はミリ波

ミリ派はスタジアムなどごく一部の対応。Sub6は街中にもどんどん展開しています。
現実的にはSub6(4Gから転用された5G電波)をしばらくは使う事になり、超高速のミリ波が全国展開するのはまだまだ先の事です。
実測の差はキャッチした電波の差であってドコモとWiMAXの5GポケットWiFiの性能の差ではないのです。

WiMAX-GMOとくとくBB公式サイト

5G対応ポケットWiFiのスペックを全比較

現在、様々な5G対応ポケットWiFiが出ています。
現在出ているものを比較してみましょう。

各社5GポケットWiFi最高速度(下り)価格
■ドコモ
Wi-Fi STATION SH-52B5G:4.2Gbps
4G:1.7Gbps
35,640円
Wi-Fi STATION SH-52A5G:4.2Gbps
4G:1.7Gbps
68904円
■au
Speed Wi-Fi 5G X11 NAR015G:2.7Gbps
4G:非公開
22,000円
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR015G:2.2Gbps
4G:非公開
22,000円
Speed Wi-Fi 5G X015G:4.1Gbps
4G:非公開
7,1500円
■ソフトバンク
Pocket WiFi 5G A101ZT5G:2.4Gbps
4G:838Mbps
28,800円
Pocket WiFi 5G A004ZT5G:3.0Gbps
4G:838Mbps
69,840円
■UQ WiMAX
Speed Wi-Fi 5G X115G:2.7Gbps
4G:非公開
22,000円
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR015G:2.2Gbps
4G:非公開
22,000円
■ワイモバイル
Pocket WiFi 5G A102ZT5G:2.4Gbps
4G:838Mbps
28,800円

前述の通り、5Gには超高速なミリ波と、高速なSub6があります。
ミリ波はスタジアムやターミナル駅などごく一部のみ、Sub6は全国に展開しています。
最大速度が3Gbps以上の機種はミリ派に対応していますが、高額です。
2Gbps台はSub6の5G電波のみに対応ですが、現実的にはこの中から選ぶ事になるでしょう。

しかし、実測してみると分かるのですが、メーカー発表の最大速度と実測では大きな隔たりがあり参考程度にとどめておくべきです。更に対応エリアの問題もありますから、「5G対応ポケットWiFiはどこも十分高速だよね」程度の認識でOKです。

【結論】5G対応ポケットWiFiのおすすめはこれだ!

様々な5G対応ポケットWiFiを比較しました。
各メーカー頑張っていますが最もおすすめなのはWiMAXの5GポケットWiFiです。

WiMAXの5GポケットWiFi

他は端末代や月額料金が高額すぎて現実的な選択肢には入りません。
WiMAXは無制限で使える上に、低料金、端末代も無料の所が多いのでおすすめ。
auのグループ会社なのでau5GLTE、au4GLTEも使用可能。エリアも非常に広いです。

5G対応ポケットWiFiでもっともおすすめはカシモWiMAXです。


月額実質料金が3872円と格安で5GポケットWiFiが使えます。

WiMAX-GMOとくとくBB公式サイト

端末代は無料。最短即日で発送してくれるのも魅力。
端末は設置型の5G対応ホームルーターも選べます。


Speed Wi-Fi HOME 5G L11

参考置くだけWiFiのおすすめはコレ!安さ・容量・速度で徹底比較

5G対応ホームルーターは家族が多い方におすすめです。

【どんな風に届く?】5G対応ポケットWiFiの到着から開封までを実況

段ボールに入った状態

5G対応ポケットWiFi「SH-52A」をドコモオンラインで注文。
注文日は6月2日。到着は2週間後の6月14日でした。

発送は↑のような段ボールに入った状態で送られてきます。

内容物は本体とUSBケーブル、説明書、そしてSIMカード。
本体にSIMカード専用のスロットがあり、スマホと同じく細長い金属製のピンを差し込んで開けるタイプです。

とにかく大きいというのが5G対応ポケットWiFi「SH-52A」の特徴です。
使用しているiPhone10よりも大きく厚く、形状も角ばっているため更に大きく見えます。

大きさの割に軽いのはおそらくバッテリー容量が4000mAhと他のポケットWiFi並みであるためではないかと思われます。

【まとめ】5G対応ポケットWiFiは高速+使い放題が魅力

5G回線エリアを各社とも急ピッチで拡大しています。
今、5G未対応でも数年後には多くの4Gエリアが5Gに変わっているでしょう。

これまで比較してきたように5G対応ポケットWiFiで最もおすすめなのはWiMAX回線です。
キャリア回線は該当キャリアのユーザーがサブ機として利用するのには良いのですが、データ量の上限が低すぎます。
更に5G対応端末が高額すぎるのもネックです。

WiMAXなら低料金、高速、使い放題で5GポケットWiFiが利用可能。
中でも当サイトのイチオシはWiMAXの中でも最安級のGMOとくとくBBです。

WiMAX-GMOとくとくBB公式サイト

14000円のキャッシュバックにより5G対応ポケットWiFiが月額実質3872円で利用できます。
端末代が無料なのも魅力です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・水原裕一

ガジェット&光回線マニアで実際に契約して検証が信条。 光回線の他にWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。更にお得なSIM情報にも詳しい。 光回線・格安スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信する専門ライター。元ビジネス書出版社WEB担当。

-ポケットWiFiについて深く知る, モバイルルーターを使いこなす!

© 2022 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校