ポケットWiFi比較ガイド【2020年2月】最もおすすめはこれだ

ポケットWiFi比較ガイド【2020年2月】最もおすすめはこれだ

ポケットWiFiについて深く知る

ポケットWiFiはケースに入れておこう!実際に使っている使用感

ポケットWiFiをケースに入れない派も多いですが、壊してしまった場合、プロバイダによっては手続きがかなり面倒(後述)です。

そこで今回は、端末にピッタリのケースの見つけ方と、私が実際に使っているケースの感想をレビューしていきましょう。

ポケットWiFiのケースはamazonが品揃え豊富

アマゾン

量販店では手に入らないポケットWiFi専用ケースですが、amazonなどの通販サイトでは大量に取り扱いがあります。

「ポケットWiFi ケース」で商品検索すると機種ごとに専用のケースがいくつもラインナップされています。

>>amazon「ポケットWiFi ケース」

見て分かるとおり、ケースは専用フィルムとセットで売られているものもあります。

最新モデルはもちろんの事、旧世代のモデルまで、現在流通しているほぼすべてのポケットWiFi専用のケースが並んでいます。

価格もほとんどが1,000円~2,000円程度とリーズナブルでなので、万が一に備えて専用ケースを購入しておいても損は無いでしょう。

実際にamazonでポケットWiFiのケースを購入した感想

ポケットWiFiと購入したケース

私の使用端末はWiMAXのポケットWiFiSpeed Wi-Fi NEXT W05です。

amazonで「機種名+ケース」で調べてみつけました。

↑は、実際に届いた時の写真です。
価格は1,870円でした(2018年7月現在)。
リーズナブルと言ってよいと思います。

ポケットWiFiとノートパソコン

表面が黒のレザータッチでやや高級感のある仕上がり。
やや厚みがあるため衝撃耐性も高そうです。

画面フィルムとクリーナーもセットになっているため、かなりお得感がありますね。
ただし、ポケットWiFiのサイズが小さいためフィルム貼りは若干難しい方だと思います。

ストラップをつけて持ち歩いてみたのですが、ポケットWiFi本体のサイズよりも一回り大きくなるためやや違和感はあります。

しかし、ストラップを利用してバッグにぶら下げることができたり、ベルトに固定してズボンのポケットに入れたりすることができるため、落下と紛失からポケットWiFiを守る役割としては十分だと感じました。

また蓋の磁石も適度な感じで、開閉作業もスムーズです。
見た目も特に問題ありません。

ポケットWiFi本体はケースにしっかりと納められる構造になっているため、蓋を開けた時にルーターが滑り落ちてしまうというようなこともありません。
ケースとしては非常に優秀だといえます。

クレイドル

また、このようにポケットWiFiをケースに入れたままクレードルに挿して使用することが可能です。
ケースには上下に穴が開いており、ケースから出さずに電源ボタンと充電口が利用できるのも良いです。

「ポケットWiFi比較ガイド」の人気記事はこちら。

【ポケットWiFiにケースは不要?】ケースに入れないと大損する事も

ポケットWiFiケース

ポケットWiFiの契約を2年~3年と長期契約している方は多いと思います。
こういった契約の場合、ポケットWiFiが壊れたからといって解約すると多額の違約金を払わなくてはなりません。

新しい端末を購入するとポケットWiFiの機種にもよりますが、1万円前後の出費です。

プロバイダの端末保証サービスに加入している場合一定額を負担することにより新しい端末に交換することができますが、交換品はリフレッシュ品(いわゆる中古品)だったりするため、使い勝手などに違いが出てくることもあります。

慣れたポケットWiFiを長く使うためにもケースに入れておいて損はありません。

ケース無しだと破損の原因になる

万が一、ポケットWiFiを落としてしまったら、落下の衝撃により破損して使用できなくなる可能性があります。
また、液晶部分が割れてしまい、正常な表示ができなるなることもあります。

かばん

ポケットWiFiが破損するのは落下だけではなく、バッグの中に入れっぱなしの時にも破損することがあります。重い荷物が上に載っている場合、あるいはキーホルダーなどの硬いものとこすれ合ってしまっている場合などは、ポケットWiFi側に液晶の割れや表面の傷などが発生してしまいます。

これらの不可抗力による破損やキズを防止するためには、ポケットWiFiをケースに入れておくことが最も良い対策方法です。

不測の事態による破損やキズからポケットWiFiを守るため、ひいては破損時の無駄な出費を防ぐためにも、ポケットWiFi専用ケースの活用は不可欠であると言えるでしょう。

量販店にはスマホ用ケースはあるがポケットWiFiのケースは見つからない

スマホケース

実は、amazonで注文する前、私は、量販店にポケットWiFi用のケースを購入しにいきました。

しかし、ポケットWiFiはスマホほど普及していないせいか、ケースを手に入れることがやや難しいようです。

実際大手量販店のアクセサリーコーナーに行っても、スマホ用ケースは星の数ほどありますがポケットWiFi用ケースは店頭にありませんでした。
(店舗によって仕入れているお店もあると思います)

端末専用のケースが無いならコレに入れるのがおすすめ

量販店でポケットWiFi用のケースを探していた時、店員さんから良い聞きました。

店員さんが言うには、「コンパクトカメラ用のケースに入れて携帯する人は多いですよ」とのことです。

デジカメケース

確かにこのようなコンパクトデジカメを入れるソフトケースであれば、ポケットWiFiも余裕でいれることができます。

しかし、ポケットWiFiの大きさに比べてケースの方がかなり大きいのがネックです。
ポケットWiFiのせっかくのコンパクトさが台無しになりますが、代用は可能です。

他のものもいっしょに入れて持ち歩くにはかなり良いでしょう。

まとめ

ポケットWiFiをケースに入れることは、ルーターを故障やキズから守るのと同時に不要な出費を抑えることにもつながります。

デジカメ用など他のケースで代用することも可能ですが、できれば専用ケースを入手して活用したいもの。

通販大手のamazonにはあらゆる種類のケースが揃っているので、自分が持っているポケットWiFi専用のケースを購入し、万が一の事態からポケットWiFiを守っておくのがよいのではないでしょうか。

 

 

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。

-ポケットWiFiについて深く知る

Copyright© ポケットWiFi比較ガイド【2020年2月】最もおすすめはこれだ , 2020 All Rights Reserved.