スマホ

【Rakuten miniレビュー】楽天UN-LIMITで契約して分かった落とし穴

rakuten mini

ついに携帯キャリア業界に参入した楽天モバイル。
更にオリジナル端末のRakuten Miniもデビューさせました。
そこで今回は実際にRakuten Miniを楽天UN-LIMITで契約。
使用感等を徹底的にレビューします。

【Rakuten Mini主要スペック】

サイズ 約106.2 x 約53.4 x 約8.6mm
重量 約79g
連続待受時間 約160時間
CPU QualcommR Snapdragon439
メモリー 3GB (RAM) / 32GB (ROM)
外側メインカメラ 1,600万画素
内側カメラ 500万画素
バッテリー容量 約1,250mAh
おサイフケータイ機能 あり

Rakuten Miniは予想以上にコンパクト!

Rakuten Miniはコンパクトさが最大の特長です。

Rakuten Miniとクレジットカードの比較

写真を見てわかる通り、液晶画面の大きさがクレジットカードとほぼ同じです。

これだけ小さいと操作性に難がありそうですが、表示されるアイコンの大きさは他のスマートフォンと変わらないため、間違えて違うアイコンをタップすることは無いでしょう。

また、通知やメールなどのフォントの大きさも問題ありません。
本体が小さいからといって文字まで小さくなるということは無いようです。

加えて、驚愕するのが本体の軽さです。
本体重量79gと、どすごいWiFi等で利用されているクラウドSIMのポケットWiFi「U2s」よりも軽いのです。

U2s

ちなみにU2sは151g。Rakuten Miniの本体サイズもU2sよりコンパクト。

参考どすごいWiFiの評判!後悔しない為の7つの注意点

Rakuten Miniはポケットに入れている事を忘れるくらい軽いため、紛失防止の為にストラップなどを付けておくのがおすすめです。

Rakuten Miniの通話・通信品質はどうか?

Rakuten Miniの通話・通信品質ですが、特に問題なく利用できます。
Rakuten Miniの場合は専用の通話アプリを使用しますが、アプリの操作も特に戸惑うことなく初見でも大丈夫でした。

ただ、本体がコンパクトなので通話時のポジションがしっくりきません。
スピーカー部分を耳に当てると耳とマイク部分との間が離れすぎているため、ついつい大声で話すことになります。

これは慣れの問題なので使っているうちに解決するとは思いますが、通話用にマイク付きイヤホンを別途利用した方がスマートでしょう。

データ通信についてはどうしてももっさり感がぬぐえません。
アプリの起動、chromeでのブラウジング、gmailの送受信、すべてにおいてもっさりとしています。

時間にするとコンマ何秒の違いかもしれませんが、この違いがストレスになるのはスマートフォンユーザーなら経験済みだと思います。
とはいえ、窓から投げ捨てたくなるほどひどいかというとそうではありません。
気にしなければ問題ないというレベルです。

Rakuten Miniはバッテリー消費がめちゃくちゃ早い

SNSなどでも話題となっていますが、Rakuten Miniはバッテリーの減りが早いように感じます。
公式スペックでは連続待ち受け時間が約160時間となっていますが、体感的にはその半分程度です。

そこで、実用場面ではどの程度バッテリーが持つのかを測定してみます。
バッテリー100%で待ち受け状態にし、24時間何も操作せずに置いておくだけでどの程度のバッテリー消費となるのかを測定してみました。

結果は以下の通りです。

約24時間でバッテリー容量が100%→64%になりました。
このペースだと72時間で残量0になります。やはりカタログスペックよりもバッテリーの減りは早いようです。

Rakuten Miniは本体がコンパクトである分バッテリー容量が1,250mAhと少なく、この結果もやむを得ないかなと思います。
もちろん、通話やデータ通信などを行えばこれよりもさらに減っていきます。

Rakuten Miniを使う場合は、モバイルバッテリーを常に持ち歩くか、あるいは外出時でもコンセントのある環境を確保するかを意識しなければなりません。

Rakuten Miniのカメラ性能をiPhoneSEと比較してみた

これだけコンパクトなRakuten Miniですが、もちろん外側内側両方にカメラもついています。

外側カメラは約1,600万画素(F値2.0)と、一昔前の高性能スマホ並みのスペックです。特別なシチュエーションでない限り問題なく使えると思われます。

では、一体どの程度のクオリティの写真が撮影できるのかiPhoneSE第2世代と比較してみました。iPhoneSE第2世代のカメラのスペックは1,200万画素(F値1.8)です。
iPhoneSE第2世代は、iPhoneの中では比較的安価なエントリーモデルであり、Rakuten Miniのユーザー層と比較的重なる部分は多いのではないでしょうか。

なお、比較にあたり特別なカメラアプリなどは使用せず、設定もノーマルで行いました。
従って、素の状態での比較となります。
では、まず色とりどりの花壇を撮影してみました。

【Rakuten Mini】

【iPhoneSE2】

発色にそれほど大きな差はありません。Rakuten Miniのほうがやや黒が強いかなという程度ですが、これはレンズのF値の差といっても良いでしょう。
どちらもちゃんとした普通の写真として問題なく使えます。

次に建物を下から見上げる構図を、仰角を上げて撮ってみました。

【Rakuten Mini】

【iPhoneSE2】

iPhoneSE2の方がコントラストがくっきりしています。
右側のタイル面を見ると違いがはっきりとわかると思いますが、iPhoneSE2の方が情報量が多くなっています。
画素数はRakuten Miniの方が上ですが、表現力はiPhoneSE2の方が良いようです。

最後に夜景です。
多くのカメラが苦手とするイルミネーション撮影を行ってみました。

【Rakuten Mini】

【iPhoneSE2】

イルミネーション撮影は圧倒的にiPhoneSE2の勝利です。
暗い場所での撮影はRakuten Miniだとキツイと感じました。

カメラ性能は他社のエントリーモデルよりもやや劣ると言えます。
とはいえ、昼間明るい場所で撮る分にはそこまで大きな差はありません。何よりもこのサイズこの価格でこのスペックのカメラが付いていることの方が驚きです。

スマートフォンのカメラにこだわりのない方であればこれで十分と言えるでしょう。

Rakuten Miniを使うには「楽天UN-LIMIT」の契約が必須

Rakuten Miniを利用するには、楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」を契約する必要があります。

参考楽天モバイル公式サイト「楽天UN-LIMIT」

楽天UN-LIMITは全国どこでもデータ使い放題+国内通話かけ放題となる大変お得なプラン。
現在は5G回線も使える楽天UN-LIMIT V がデフォルトのプランになっています。

2020年10月現在の料金プランは以下の通りです。

  • 初期費用:3,300円
  • 月額費用2,980円
  • 通話アプリ:無料

他キャリアではありえないくらいお得な料金設定。
ただし、いくつかの条件があるため注意しなければなりません。

「楽天UN-LIMIT」2つの要注意点!

1、データ通信無制限は楽天モバイルエリア内だけ

楽天UN-LIMITの最大のメリットはデータ使い放題であることですが、全国どこでも使い放題というわけではありません。
使い放題となるのはあくまでも楽天モバイルのエリア内だけであり、そのエリアは現在のところ都市部を中心としたごくわずかな範囲にとどまっています。

濃いピンク=楽天エリア:薄いピンク=auエリア(2020.10.14)

それ以外のエリアはauの通信インフラを借りる形でデータ通信を行っており、auエリアの場合は5GB/月に制限されるのです。

2、国内通話かけ放題はアプリ利用が前提

Rakuten Link

Rakuten Miniの国内通話を0円にするには通話アプリのRakuten Linkを利用する必要があります。
アプリ自体は先に書いた通り操作性に不満はありませんが、Rakuten Miniで発信する際はアプリを起動する時間が必要です。

デメリットもある楽天UN-LIMITですが、やはりこの料金は魅力。
さらにお得になるキャンペーンを行っているため、楽天UN-LIMIT+Rakuten Miniの組み合わせを1年間実質0円で利用することも可能です。

Rakuten Miniとの同時契約でかなりお得なキャンペーンを継続中!

現在、楽天モバイルではRakuten UN-LIMIT Vが1年間無料になるキャンペーンを行っています。
つまり、毎月の通信コストが0円になるということです。

参考楽天モバイル公式サイト

契約縛りが無いため、無料期間が終わったら解約することも可能です。

Rakuten Miniの端末代もポイント還元額が驚き!

次にRakuten Miniの端末代です。
Rakuten Miniは端末代が17,000円ですが、回線契約と同時申込の場合楽天ポイントが15,700円分付与されます。

さらに初期費用の3,300円とボーナスポイント3,000円分もポイントで加算されるため、合計ポイントが22,000円分となります。

キャンペーン適用の条件がありますが、すぐに達成できるような簡単な条件のためほぼ100%受け取れるはずです。
これらを合計すると、端末+回線を1年間0円で使うことが出来るのです。

【最終結論】Rakuten Miniはおすすめできる端末か?

Rakuten Mini

いくつかの弱点はあるものの総じてRakuten Miniは優秀なスマートフォンです。
もちろん料金が安いという点を加味していますが、普通に「使える」サービスであると言えるでしょう。

ただし、1台目のメインスマホとして使うのはやや不安です。
2台目として使うあるいは家族用として使うなど、それぞれの事情に合わせて使い分けてみるのがよいでしょう。

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。

-スマホ

Copyright© ネット回線の学校 , 2020 All Rights Reserved.

テレワーク急増でポケットWiFi在庫不足が発生中
在庫チェック