スマホ

ahamo(アハモ)と楽天モバイルを比較!お得なのはどっち?併用という選択肢も!

ドコモの格安プラン、ahamoと楽天モバイルは何かと比較されるライバルです。
ahamoは20GB、通話5分無料で月2970円(税込)、楽天モバイルは従量課金制(使った分だけ課金)、通話し放題で月0円~3278円。
どちらが本当にお得でしょうか?
今回はahamoと楽天モバイルを料金、エリア等を比較し、最終的なおすすめを決定します。

ahamoと楽天モバイルの料金プランの比較

ahamoと楽天モバイルの料金プランは大きく違います。まずは表にして比較してみましょう。

ahamo楽天モバイル
月額料金2970円0~3278円
従量課金制
上限ギガ数20GB~1GB:0円
~3GB:1078円
~20GB:2178円
20GB超~無制限:3278円
※パートナー回線は上限5GB
制限後速度1Mbps1Mbps
通話5分無料
超過後22円/30秒
無料
公式サイト公式サイト

一見すると楽天モバイルの圧勝に見えます。
楽天モバイルはネットも通話も無制限。ahamoは20GB上限で通話無料は5分にとどまります。
しかし、楽天モバイルは無制限エリアが狭いのがネック。楽天回線エリアは無制限ですが、パートナー回線(au回線)は5GB上限です。

デュアルSIM、2台持ちで併用という選択肢もあり!

ahamo、楽天モバイルのプラン比較表を見て分かる通り、それぞれ強みがあります。
二つを併用する事でお互いの強みを生かす事ができます。

1、楽天モバイルは通話専用、ahamoはネット専用

楽天モバイルは通話無制限で、データを消費しない限り0円です。
楽天モバイルを通話専用、ahamoはデータ専用にする事で通話無制限+データ量20GBで2970円とお得に使う事ができます。

2、ahamoのデータ上限20GB+楽天モバイル1GBで21GB

楽天モバイルは1GBまでは0円です。

ahamoのデータ量が20GB上限に達しても楽天モバイルも契約していればあと1GB、無料で使えます。

ポイント

【デュアルSIMか2台持ちか】

デュアルSIMとは複数のSIMを一つの端末で使う方法。iPhoneなら「iPhone XS iPhone XS Max iPhone XR iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max iPhone SE(第2世代) iPhone 12 mini iPhone 12 iPhone 12 Pro iPhone 12 Max」が対応。
アンドロイドスマホも対応している端末が多いです。

2台持ちも現実的な選択肢です。
というのも楽天モバイルは端末代が実質無料のキャンペーンを行っているからです。

毎月使えるデータ量の比較

毎月使えるギガ数は、ahamoが20GB、楽天モバイルは無制限ですから楽天モバイルの圧勝に見えます。
しかし、楽天モバイルが無制限で使えるのは楽天エリア内だけ。
しかも楽天エリアはまだ狭いのが現状です。
ちなみにahamoはドコモなのでエリアが非常に広く問題はありません。

後ほどエリアマップを見てもらいますが、まずは関東地方の例をご覧ください。
濃いピンクが楽天エリア=無制限エリア。
薄いピンクがパートナー回線エリア。
パートナー回線エリアとはauから楽天モバイルが借りているエリアで5GBが上限です。

もし、楽天モバイルのエリア内なら楽天モバイルがお得です。
無制限で使えて使わない月は最低0円で済み格安です。
同じギガ数を使った場合の比較でも、ahamoは20GBで2970円、楽天モバイルは20GBで2178円で安いです。
楽天モバイルのエリアチェックは以下で行ってください。

参考楽天モバイルエリアチェック

ポイント

【楽天モバイルのエリア外の場合は?】

楽天モバイルのエリア外だとパートナー回線(au回線)が5GBまで使えます。
楽天モバイルのプランは~3GB:1078円 ~20GB:2178円という区切り。
5GBという区切りはないので、使用量を3GB以下にとどめないと2178円になってしまい割高です。
楽天モバイルのエリア外ならahamoの方がお得です。

参考ahamo(アハモ)の評判はどう?本当にお得?ドコモと比較した結果

通信速度の比較

ahamoと楽天モバイルの通信速度の比較は以下の通りです。

ahamo楽天モバイル
下り平均89.43Mbps29.7Mbps
上り平均13.01Mbps17.57Mbps

みんなのネット回線速度調べ(あくまで目安)

下り(ダウンロード)速度では、ahamoが楽天モバイルに3倍近い差をつけて圧勝です。
とはいえ、楽天モバイルの29.7Mbpsでも特に不便があるとはいえません。
NETFLIXの高画質に必要な速度は5Mbps、かなりの速度を必要とするZoomでさえ10Mbpsあれば十分です。

速度面がシビアに問われるとしたらテザリンングの場合です。

テザリングとはスマホからWiFiを出してPCやタブレットのネット環境を整える仕組み。
ahamoも楽天モバイルもこのテザリングが無料で使えます。

PCやタブレットの場合、より大きなデータ量を必要とする場合が多いので高速のドコモ回線を使うahamoは余力があり有利です。

通話料金の比較

ahamoと楽天モバイルの通話料を表にしました。

ahamo楽天モバイル
通話料5分無料
超過後22円/30秒
Rakuten Link
かけ放題無料

ahamoは5分以内の通話なら何回かけても無料です。
ahamoには1100円のかけ放題オプションがあるのですが、オプションをつけると4070円になり割高です。

通話を沢山するのなら、通話専用として楽天モバイルを持つのがおすすめです。
楽天モバイルはいくら通話をしてもデータ量を消費しない限り維持費は0円。
楽天モバイルのeSIMを入れて現在ご利用の端末で使えるようにするか、通話専用のスマホと二台持ちすると通話料が節約できます。

取り扱いスマホの比較

ahamoの取り扱いスマホは 「iPhone 11」「 Xperia 1II」「 Galaxy S20」の3つです。
それに対して楽天モバイルはiPhoneシリーズ含めておおよそ20種類のスマホの中から選べます。

ahamo楽天モバイル
iPhoneiPhone 11iPhone 13 Pro Max
iPhone 13 Pro
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)
AndroidXperia 1 II SO-51A
Galaxy S20 5G SC-51A
OPPO Reno5A
OPPO Reno3 A
OPPO A73
AQUOS sense4 lite
AQUOS sense4 plus
AQUOS R5G
Xperia X III Lite
Galaxy S10
オリジナルスマホ
(Android)
Rakuten BIG s
Rakuten BIG
Rakuten Hand

更にキャンペーンでAQUOS sense4 liteが実質1円(本体価格:25001円、ポイント還元:最大2500ポイント)で手に入ります。

参考AQUOS sense4 liteの実質1円キャンペーン

取り扱いスマホの豊富さでは楽天モバイルの方がバラエティーに富んでいます。

取り扱いスマホとは別に対応スマホはahamoも楽天モバイルも豊富です。

サポートの比較

ahamoのサポートは基本的にオンラインチャットのみで、店舗でのサポートは有料(3300円)です。
楽天モバイルはオンラインチャット、電話、店舗でのサポートに対応しています。

サポートに関しては楽天モバイルの方が手厚いです。

家族割・セット割の比較

ahamo楽天モバイル
セット割なし楽天ひかり
1年間無料
家族割なしなし

家族割についてはahamo、楽天モバイルともに対象外です。
光回線などのセット割はahamoは対象外。携帯料金の割引はありません。今までセット割で割引になっていた方は光回線を見直した方が安くなります。

参考ahamo(アハモ)におすすめな光回線!ドコモ光はNG?お得なのはこれだ

楽天モバイルは楽天ひかりを契約すると1年間無料になります。

ポイント

【auの格安プランpovoとの比較】

ahamoと楽天モバイルをメインに比較していますが、auの格安プランであるpovoもライバルの一つです。

【povoのプラン内容】

基本料0円
データトッピング使い放題(24時間):330円
1GB(7日間):390円
3GB(30日間):990円
20GB(30日間):2700円
60GB(90日間):6490円
150GB(180日間):12980円
通話トッピング5分以内かけ放題:500円
通話し放題:1650円
コンテンツトッピングDAZN使い放題(7日間):760円
smash.使い放題(24時間):220円
対応回線5G/4G
テザリング無料
各種割引なし
公式サイトpovo公式サイト

基本料は0円で「トッピング」形式でデータ量や通話プランを選んでゆく方式。
楽天モバイルが1GBまでは0円であるのに対しpovoは1GB390円とやや高いです。
更に通信制限後の速度は128kbpsと、ahamoや楽天モバイルの1Mbpsより遅いのもネックになります。
1MbpsあればメールやSNSやYouTubeの標準画質は可能ですが、128kbpsでは何もできない厳しい速度制限と言えます。

関連povo(ポヴォ)の評判は?デメリットは何?比較で分かった注意点

ahamoと楽天モバイルの比較まとめ

ahamoと楽天モバイルを比較してきました。
両者どちらを選ぶかは楽天回線のエリア内かエリア外かが重要なファクターです。

楽天モバイルがおすすめな方

  1. 楽天回線のエリア内で行動をする
  2. データを無制限で使いたい
  3. 通話を無制限で使いたい
  4. 20GBも使わない月がある

楽天モバイルをおすすめする大前提は、楽天回線エリア内である事です。
それ以外の方は上限が5GBなので楽天モバイルでは厳しいでしょう。

ahamoがおすすめな方

  1. 楽天エリアの外で行動する
  2. ドコモの高速回線が使いたい
  3. 20GBあれば十分である
  4. 長い通話をしない(5分以内は無料)

楽天エリアの外ならahamoがおすすめです。
ドコモの回線速度は高速なのも魅力です。

またどちらかを選ぶのではなく、両方契約して併用するのもアリです。
ahamoと楽天モバイルを併用すれば、通話無制限+データ20GB上限を2970円で使う事も可能です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・ゆういち

元ビジネス書出版社のWEB担当。ガジェット&回線マニアで実際に契約して検証がモットー。 検証のためにWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。 ネット回線・スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信するライター。

-スマホ

© 2021 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校