そもそもSIMカードって何ですか?

PAK85_SIMkoukan20141025172124500_R

SIMカードって何?

次々に登場するモバイル用語。
ついていけない・・・とため息をついている方も多いのではないでしょうか。
よく耳にするモバイル用語のひとつに「SIMカード」があります。
分かるようで分からないこの言葉。
分かりやすくご説明しましょう。

SIMカードはスマホや携帯電話に必ずセットされているものです。
あなたがお使いのスマホや携帯電話の背面カバーを開けてみると、そこにはSIMカードと呼ばれるものが差し込まれています。

どんどん進化するSIMカード

形は端末によって違いますが、種類は3つあり、標準SIM・microSIM、nanoSIMに分けられます。
標準SIMのサイズは縦25mm・横15mmで、携帯ゲーム機でも使用されています。
microSIMは縦15mm、横12mmで、nanoSIMは縦12.3mm、横8.8mmですから、nanoは標準の約2分の1ほどの小ささです。
技術の進化とともに、SIMカードもどんどんとコンパクト化しているのです。

また、SIMカードには、ID番号が記録されています。
このID番号によって電話番号が特定されますので、携帯やスマホを使う上でなくてはならないカードです。
気をつけなければならないのは、国内のキャリアで購入するSIMカードにはロックがかかっていることです。
このロックを解除しないとSIMカードの機能は果たせませんから、購入した際はショップでロック解除をしてもらう必要があります。

SIMカードの便利な使い方

今はもう使っていないスマホやタブレットが一台、いえ、それ以上の台数が家に眠っている人は多いのではないでしょうか。
キャリア解約をしたスマホなどもう使い道がない!と思っているかもしれませんが、このスマホにSIMカードを差し込むと、データ通信が可能になります。
もちろんSIMカードは無料で使えるわけでなく、月々の料金を支払わなければなりませんが、スマホの契約プランなどと比べると格安の料金ですからお得です。
ガラケーとタブレットの二台持ちをされている方は、この使い方で通信費を大幅に抑えられるのでお勧めです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ