ポケットWiFiの通信速度制限を回避する為にすべき事

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s

ポケットWiFiの通信速度制限

せっかくのポケットWiFiも、通信速度に制限がかかってしまえば使い物にならなくなってしまいます。
ポケットWiFiの場合、月額あたり10GB以上の通信を行うと、それ以降はその月の間中は速度制限が課せられた状態で通信を行うことになります。
通信速度制限がされたからと言っても、大して遅くならないのでは?と思っている方もいるかもしれません。
しかし速度制限がされた状態では、きっと予想以上に遅いと感じてしまうかもしれません。
サイトによっては、ページが開くまでに1分以上かかるなど、これではまったく使い物にならないと思えるような状態になるため、通信制限は是非とも避けなければありません。

実はこんな時にも通信がされている

インターネットにアクセスし、たとえばTwitterのページを開いているとします。
そのTwitterの画面で「○件の新着ツイートを表示」といった画面が出ることがあるでしょう。
その画面も、通信が行われていなければ表示されることはありません。
ですから自分の意とする範囲の他でも通信は行われていることになります。

またEvernoteといった利用するまでに同期が必要となるアプリケーションでも、その同期で通信が行われていることになります。

通信制限を回避するためにやっておきたいこと

ポケットWiFiでの通信制限を避けるためには、もう必要のないWEBページはその都度閉じていきましょう。
WEBページを開いているだけでも通信量が増えていることになりますから、見たそばから閉じていくくらいのイメージでOKです。
またさきほども紹介したEvernoteなどの同期頃アプリケーションは、必要のないときには立ち上げないようにしましょう。
アプリケーションが立ち上がっていれば、自動同期がされるためそれによって通信量が消費されることになります。

また、WiFiスポットが設置されているような場所ではそのWiFiスポットを活用していくことにより、ポケットWiFiでの通信量を節約することができます。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ