通信制限が心配です。どれくらいで速度制限がかかりますか?

ポケットwifiの速度制限について

ポケットwifiの場合、24時間ごとの利用通信量が300万パケット(およそ366MB)を超えますと、当日21時~翌日の2時までは速度制限が適用されます。
また、当月の利用通信量が10GBを超えた場合、当月1ヵ月間は速度制限が適用されることになります。

この他にも、いくつか速度制限の条件が存在します。

当日21時~翌日2時までの速度制限であればそこまで気にならないかもしれませんが、当月1ヶ月間の速度制限となると、これは大きな問題になってくるかもしれません。

 

動画をどれくらい観るかで変わってくる

10GBという利用通信量ですが、これを動画に換算しますと「約5000動画」とう数字になります。
ですからそもそも動画をあまり観ないという方であれば10GBを超えるこ心配が少ないのですが、動画をよく観るという方ですと少し心配になってくるかもしれません。
またポケットwifiの他に通信する環境があるかどうかというのも、10GBを超えるかどうかに大きく関わってくるでしょう。
速度制限がかかると今までサクサク進んでいったものが、遅くなってしまうので、それはストレスになってしまいます。
ですから速度制限がかからないように工夫しながら、ポケットwifiを利用していくのが理想です。

速度制限を解除する方法

速度制限が適用された場合、ポケットwifi端末の操作によって通常速度に戻すことが可能です。
GL10Pの場合、ポップアップ画面あるいはタッチメニューから低速化を解除することができます。
タッチメニューからの場合は、ホーム画面にあるデータ量設定アイコンから、設定変更を行っていきます。
そのアイコンにタッチすると、データ量と追加料金の画面が出てきますが、そこをタッチしさらにお申込み手続きを行います。
ただデータ量と追加料金とありますので、速度制限が明けていない段階で速度制限を解除しようと思えば、追加料金が発生するということになります。

こういったポイントを十分理解したうえで、ポケットwifiを利用していきましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ