自宅に届いたら設定はどうするの?

SSIDと暗号化キーをチェック

549_Sポケットwifiの端末が自宅に届き設定を行う上では、SSID情報と暗号化キーがセットで必要になってきます。
これらは機種によって違ってくるため、端末と共に届けられる説明書を確認しましょう。
端末が入ったパッケージには、SSIO・WEP Key・WPA Keyという3つの情報が書かれた初期設定のためのシールが付属しているので、それをご覧にただければ設定に必要なSSIDと暗号化キーについて知ることができます。

 

テザリングの有効化

テザリングモデルの場合、まず行っていただきたいのはテザリングの有効化です。
ポケットwifi端末をONにし、テザリングを起動させます。
端末のSSIDと暗号化キーは、ポケットwifiウィジェット右にある丸型アイコンに触れることでチェックしていただけます。
ここで、SSIOと暗号化キーを控えておくといいでしょう。

ポケットwifiを使ってみる

ポケットwifiによる接続をする場合、スマートフォンやタブレットの設定がwifi接続に適した状態になっているかチェックしましょう。
Android端末の場合は、設定→無線とネットワーク→モバイルネットワーク設定へと移っていき、「データ通信を有効にする」にチェックが入っていれば、それを外してください。

続いて再度「無線とネットワーク」へと移行し、wifi設定のページに移ります。
ここでさきほど確認したSSID名を選択することで、ポケットwifiを介しての接続を行うことができます。

設定は思っているよりも簡単

ポケットwifiのような端末を使うことが初めてという方でも、設定方法はそう難しくはないはずです。
設定方法はよくわからなかったけれど、いじっているうちに接続できてしまったなんてパターンもあるほどです。
もし設定方法がわからなければ、カスタマーサポートへと問い合わせてみましょう。
もしかしたら初期不良の可能性もあるので、そうした場合は早めの対処が重要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ